ONE/950NC/700BTの3モデル

<CES>JBL、新ワイヤレスヘッドホン「CLUBシリーズ」。独自クラウドシステム「Personi-Fi」対応

編集部:小野佳希
2020年01月10日
米国ラスベガスに世界中から様々な分野のメーカーが集う「CES2020」において、ハーマンインターナショナルは、JBLブランドのBluetoothヘッドホン「CLUBシリーズ」を発表。「CLUB ONE」(349.95ドル)、「CLUB 950NC」(249.95ドル)、「CLUB 700BT」(149.95ドル)を4月に発売する。

CLUB ONE

「CLUB ONE」と「CLUB 950NC」がノイズキャンセリング機能搭載モデルでオーバーイヤータイプ、「CLUB 700BT」がノイキャン非搭載でオンイヤータイプのワイヤレスヘッドホン。最上位機のCLUB ONEは、よりレベルの高いノイズキャンセリング技術「True Adaptive Noise Cancellation」を搭載しているという。また、CLUB ONEはBluetoothオフ時にも専用ボタンを押すだけで簡単にノイズキャンセリング機能をオンにできる「SilentNow」機能も備えている。

3モデルともグラフェンドライバーを搭載。付属ケーブルで有線接続での使用もできる。また、タッチコントロールにも対応している。

そして、JBLが新たに開発したクラウドベースのシステム「Personi-Fi」に対応。「My JBL Headphones」アプリを通じて、好みのサウンド設定をクラウドに保存したり、ユーザーの端末や環境に音を最適化することができるという。

バッテリー性能は、CLUB ONEがノイズキャンセルオフ時に最大45時間、オン時に23時間。CLUB 950NCがノイキャンオフ時に55時間、オン時で25時間。CLUB 700BTが50時間

関連記事