新アプリとEマウントレンズも発表

ソニー、NFC/Wi-Fi搭載のミラーレス一眼「NEX-5T」

山本 敦

前のページ 1 2 次のページ

2013年08月27日
ソニーはデジタル一眼カメラ“αシリーズ”の新モデルとして、Wi-Fi/NFCやタッチパネル機能を搭載し、「PlayMemories Camera Apps」にも対応したミラーレス一眼カメラ「NEX-5T」を9月13日に発売する。


NEX-5T(パワーズームレンズキット)

3つのカラーバリエーション
キットバリエーションごとのラインナップと想定売価は下記の通り。本体カラーバリエーションはブラック/シルバー/ホワイトの3色が揃う。

NEX-5TY(ダブルズームレンズキット)¥OPEN(予想実売価格100,000円前後)
NEX-5TL(パワーズームレンズキット)¥OPEN(予想実売価格75,000円前後)
NEX-5T(ボディ単体)¥OPEN(予想実売価格60,000円前後)

ブラック

シルバー


ホワイト

ボディ単体販売も
レンズマウントはEマウント方式。キットモデルはパワーズームにも対応した「E PZ16mm-50mm F3.5-5.6」レンズと、ダブルズームのキットには55m-210mmの望遠レンズを同梱する。

■タッチ操作や「PlayMemories Camera Apps」対応を踏襲したNEX主力モデル

昨秋発売された「NEX-5R」の後継機種。前機種からWi-Fiとタッチ操作に対応したが、本機では新たにNFC機能が加わり、同機能をサポートするスマホ/タブレットとの連携を強化したことが大きな特徴。シリーズ専用のアプリをカメラ本体にインストールして様々な機能が追加できる「PlayMemories Camera Apps」も利用できる。

イメージセンサーは“5R”と同じ、有効画素数約16.1メガの“Exmor” APS HD CMOSセンサー。画像処理エンジンは「BIONZ」を搭載し、ISO感度は最高ISO25600を実現。本体背面には3.0型ワイド・タッチパネル液晶が備わり、タッチシャッターのほか追尾AF、背景ぼかしが直感的なタッチ操作で行える。また“5R”同様、液晶モニターは上方向に180度チルト可動する。キットレンズはワイド端24mmをカバーするので、背景もフレームに入れながら、自分撮りが簡単に行える。

背面の3.0型ワイド・タッチパネル液晶


背面液晶は上方向に180度チルト
また広色域の“トリルミナスカラー”に対応。撮影した写真や動画を“トリルミナスディスプレイ”採用のBRAVIAシリーズで再生すれば、より自然で豊かな色彩と質感を持った写真が再現される。

底面に三脚用スクリュー穴

シャッターボタン周辺

NFC対応でWi-Fi関連機能の操作性が大幅アップ

前のページ 1 2 次のページ

新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドSONY
  • 型番NEX-5T
  • 価格¥OPEN(予想実売価格75,000円前後・パワーズームレンズキット)
【SPEC】●撮像素子:APS-Cサイズ(23.5×15.6mm)、原色フィルター付Exmor APS HD CMOSイメージセンサー ●有効画素数:約1610万画素 ●液晶モニター:7.5cm(3.0型)ワイド TFT駆動 ●記録媒体:メモリースティック XC-HG デュオ/PRO デュオ/PRO-HG デュオ、SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●外形寸法:約110.8W×58.8H×38.9Dmm ●質量:約276g(バッテリー、メモリースティックPROデュオ含む)

関連記事