手ブレ補正、高速AFもさらに進化

ソニー、小型・軽量ながら光学30倍ズームの”サイバーショット”「DSC-HX50V」

ファイル・ウェブ編集部
2013年04月24日
ソニーは、小型・軽量ながら光学30倍ズームを実現したコンパクトデジタルカメラ“サイバーショット”「DSC-HX50V」を5月17日に発売する。価格はオープンだが、43,000円前後での実売が予想される。カラーはブラックとチタンシルバーの2色を用意する。

「DSC-HX50V」

本機は「Exmor R」裏面照射型1/2.3CMOSセンサーを搭載し、有効画素数は2,040万画素。光学ズームは30倍で、全画素超解像によるズームは60倍までとなる。焦点距離は24mm〜720mm。ホールド性の高いグリップデザインや、Xバッテリー搭載による400枚の撮影が可能なスタミナ性能もポイントとなる。

ブラック(右)とチタンシルバー(左)

レンズを伸ばした状態のHX50V

アルゴリズムの進化により、手ブレ補正機能の向上やオートフォーカスの高速化も実現。「新・手ブレ補正」は従来モデルDSC-HX200Vと比べ、約2倍(テレ短でのシャッタースピード換算比較)の効果を発揮するという。また、オートフォーカスはDSC-HX200Vと比べ、約2.3倍(テレ短での比較)の高速化を実現したとしている。

仕様も本格的な撮影を視野に入れたものとなっている。「EVダイヤル」を搭載し、カメラを構えたまま、ダイレクトに露出補正操作が可能。またフラッシュや電子ビューファインダー、ステレオマイクロホンなど様々なアクセサリーを搭載できるマルチインターフェイスシューも装備する。「CUSTOM」ボタンにはISO/色合い(WB)/測光モードが割り当てられるなど、マニュアル撮影機能も充実。さらに7段階で設定が可能な5枚羽虹彩絞り機構も採用する。

本機のディスプレイ部

EVダイヤルを搭載した本機上部

暗所撮影機能も強化された。新採用の「プレミアムおまかせオート」はISO12800に対応し、合計44パターンの組み合わせからシーンに最適な設定を自動調整してくれる。認識するコンディションには「動き(暗い)」が追加され、暗部での被写体ブレをさらに軽減した。同じく新採用の「新フラッシュモード アドバンスフラッシュ」では、フラッシュ撮影時にカメラが自動でISO感度を最適化し、背景まで明るく撮影することが可能となった。

従来機に引き続きWi-Fi接続機能を内蔵。スマホがカメラのリモコンになる「スマートリモコン」や「スマホ転送機能」に対応している。またGPS機能、電子水準器も搭載している。

バッテリーカバーを開けたところ

フルHD動画の撮影も可能で、1080/60p撮影に対応。記録形式はAVCHDとなる。静止画9種類、動画4種類、パノラマ3種類からなるピクチャーエフェクト、360スイングパノラマ撮影機能も搭載する。

ディスプレイは3.0型液晶で、画素数は92万ドット。記録媒体は“メモリースティックPROデュオ”、“メモリースティックPRO-HGデュオ”、SDカード、SDHCカード。外形寸法は108.1W×63.6H×38.3Dmm、質量は272g。

なお、DSC-HX50V専用ジャケットケース「LCJ-HN」も同じく5月17より発売される。価格は4,935円(税込)。持ち運び、速写に適したレンズジャケット、ボディケース、ボディケース、ショルダーストラップの3点から構成され、ケースを装着したままのUSB充電も可能。ボディカラーに合わせて2色が用意されている。

専用ケース「LCJ-NH」(ブラック)に収納したところ

専用ケース「LCJ-NH」(ブラウン)に収納したところ


専用ジャケットケースに付属のストラップ
【問い合わせ先】
ソニーマーケティング(株)
買い物相談窓口
TEL/0120-777-886
新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドSONY
  • 型番DSC-HX50V
  • 発売日2013年5月17日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格43,000円前後)
【SPEC】●撮像素子:「Exmor R」裏面照射型1/2.3CMOSセンサー ●有効画素数:2040万画素 ●光学ズーム:30倍 ●全画素超解像:60倍 ●ディスプレイ:3.0型液晶(921,000画素) ●記録媒体:“メモリースティックPROデュオ”、“メモリースティックPRO-HGデュオ”、SDカード、SDHCカード ●外形寸法:108.1W×63.6H×38.3Dmm ●質量:272g

関連記事