Aマウントレンズも

ソニー、デジタル一眼レフカメラ“α”新フラグシップ機「α99」

ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 3 次のページ

2012年09月12日

記録媒体はメモリースティック(MS)とSDカードの両方に対応し、SD/MS両対応スロットに加えてSDカード専用スロットも別途で設けたデュアルスロットを採用。RAW/JPEG、動画/静止画の振り分けやメディア間コピー、同時記録が行える。動画同時記録に対応したのはレンズ交換式デジタル一眼カメラとして世界初だという。またEye-Fiにも対応している。

デュアルスロットを採用

記録モードの選択メニュー

操作メニューには「クイックナビプロ」を搭載。瞬時に意図した設定ができるよう配慮した。

動画はAVCHD 60p記録に対応。新たにISO 6400での撮影に対応したほか、フルタイムコンティニュアスAFムービーにも対応し、3段階の動体追従感度設定が可能。またP/A/S/Mマニュアル撮影にも対応している。

動画撮影においては、収録レベルの確認ができる「音声レベルメーター」、32段階の微調整が可能な「録音レベルコントロール」機能などを新搭載。ヘッドホンジャックも新たに搭載した。

さらに、操作音がしないサイレントマルチコントローラーを新搭載。外部モニターなどへのHDMI同時出力にも新たに対応し、外部レコーダーを使った非圧縮動画の記録などもできるようになった。

操作ボタン類。操作音がしないサイレントマルチコントローラーを新搭載

アクセサリーシューは、新開発のマルチインターフェース(MI)シューを採用。ソニーのデジカメ/ムービーカメラなどと共通のシューで、アクセサリーの互換性を高めた。

マルチインターフェース(MI)シューを採用

新レンズ「Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM」も2013年春に発売予定

前のページ 1 2 3 次のページ

新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドSONY
  • 型番SLT-A99V
  • 発売日2012年10月26日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格300,000円前後)

関連記事