HOME > ニュース > FiiO、据置ヘッドホンアンプ「K5 Pro」にDACチップ「ES9038Q2M」を搭載したモデル

THD+Nやチャンネルセパレーション、S/Nなど向上

FiiO、据置ヘッドホンアンプ「K5 Pro」にDACチップ「ES9038Q2M」を搭載したモデル

2022/01/11 編集部:杉山康介
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
エミライは、同社が取り扱うFiiOブランドの小型据置USB-DAC/ヘッドホンアンプ「K5 Pro ESS」を、1月14日より発売する。価格はオープンだが、26,400円前後での実売が予想される。

「K5 Pro ESS」

昨年発売されたヘッドホンアンプ「K5 Pro」のDACチップを、ESS社のポータブル向けフラグシップモデル「ES9038Q2M」に変更したモデル。「AK4493EQ」搭載の前モデルと比較してTHD+Nは約50%向上、チャンネルセパレーションは最大8dB向上するなど音質的な進化を遂げたという。

ESS社のDACチップ「ES9038Q2M」を搭載する

また、S/Nも118dB以上と前モデルより3dB向上。そのほかのスペックは同等で、最大PCM768kHz/32bit、DSD512のフォーマットに対応。外形寸法は120×146.5×55mm、質量は約480gとなっている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク