数量限定販売

VAVA、超短焦点4Kプロジェクターに数量限定カラバリモデル「VA-LT002 BK」。“映え”のブラック

編集部:松永達矢
2020年12月11日
サンバレージャパンは、同社が取り扱うVAVAブランドより、4Kプロジェクター「VA-LT002」のカラーバリエーションとして、ブラックカラーの「VA-LT002 BK」を発表。価格はオープンだが、290,000円前後での実売が想定される。本日12月11日からアバック、NTTぷららのひかりTVショッピングにて独占先行注文受付を実施。予定数に達し次第、受付を終了する。

「VA-LT002 BK」

壁際設置で最大150インチが投写できる超短焦点レーザープロジェクターのカラーバリエーションとして、先行して発売しているホワイトに続きブラックカラーモデルが拡充される格好だ。「マットで精悍な筐体は、“映え”するボディに生まれ変わりました!」と、同社はアピールする。

既発の「VA-LT002」(ホワイト)と「VA-LT002 BK」

壁面から約18.2cmで100インチ、約42.4cmで最大150インチの大画面投写が可能となっており、自動ピント調整やエッジ補正機能(8点)を搭載し、設置環境によって発生する歪みなどにも対応する。また、本体にはHarman/Kardonによるチューニングが施されたステレオスピーカーを内蔵。最⼤60Wの出力にて、サウンド面でも極上のシアター体験を実現するとしている。

端子にはHDMI×3(HDCP2.2、うち1ポートはARC対応)、USB×1、AV入力×1、ライン出力×1、S/PDIF×1、インターネット(RJ45)×1を装備。そのほか、Wi-Fi(802.11ac 2.4G / 5G 2T2R、DFS)、Bluetooth(4.2)接続に対応する。消費電力は360W。外形寸法は約533W×107H×368Dmm、質量は約10.6kgとなる。

関連リンク

関連記事