実機体験が可能

QDレーザー、網膜スキャンHMD「RETISSA Display II」をビックカメラで販売

編集部:平山洸太
2020年05月20日
QDレーザーは、網膜投影式アイウェアデバイス「RETISSA Display II」を、5月21日よりビックカメラ有楽町店およびビックカメラ・ドットコムにて販売開始する。価格は298,000円(税込)。

「RETISSA Display II」

家電小売業界による実店舗での取り扱いは初。ビックカメラ有楽町店では2階と6階に実機を常設展示し、誰でも体験することが可能となる。

RETISSA Display IIは、超小型レーザー・プロジェクターを使った市販品としては世界初の網膜投影式アイウェアデバイス「RETISSA Display」に改良を加えた第2世代モデル。網膜に直接レーザーで照射するので、視力やピント位置に依存せずに常にクリアな映像を見ることができる。

関連記事