「X1 Ultimate」搭載で「触れられそうな美しさ」実現

ソニー、8Kチューナー内蔵液晶テレビ「Z9H」。85型実売200万円前後の“ブラビア史上最高画質”機

編集部:小野佳希
2020年02月07日
ソニーは、同社製テレビとして初めて新8K衛星放送(BS8K)チューナーを搭載し、独自技術を結集させることで “ブラビア史上最高画質” を実現したとする8K液晶テレビ “BRAVIA”(ブラビア)「Z9H」を3月7日に発売する。85型「KJ-85Z9H」のみの展開で、オープン価格だが200万円前後での実売が予想される。

ブラビア「Z9H」

新8K4K衛星放送(BS8K/BS4K)チューナーおよび地デジ/BS/110度CSチューナーを2基ずつ搭載した液晶テレビ。上記のようにソニー初の8Kチューナー内蔵モデルで、また、日本国内向けとしてソニー初の8Kテレビでもある。

背面

USB-HDDを接続して8K放送を録画することも可能。なお、地デジも含めて各チューナーは1基が視聴用、もう1基が録画用となり、2番組同時録画は行えない。

側面

クリエイターの制作意図を忠実に再現し、スタジオレベルの画質をユーザーに届けられるモデルであることを表す “BRAVIA MASTER Series”(ブラビアマスターシリーズ)として展開するモデルで、映像エンジンに「X1 Ultimate」を搭載。「バックライトマスタードライブ」「8K X-tended Dynamic Range PRO」などの独自技術も搭載することで、パネルの境界を感じさせない「触れられそうな美しさ」を実現するとアピールしている。

ベゼル部

「X1 Ultimate」はすでに発売中の4Kモデルにも投入されているが、「実は元々8Kをめがけて開発していたプロセッサー」だと同社は説明。リアルタイムに8K映像を分析し、被写体を細かく認識可能な「オブジェクト型超解像」や、なめらかな色表現を実現するという「Super Bit Mapping HDR」、HDRを高コントラストに再現するという「HDRリマスター」といった処理を施して高画質化を図る。

本機のリモコン

「バックライトマスタードライブ」は、バックライトのLEDがモジュール単位で完全独立駆動するという技術。これによって「圧倒的な高コントラストを実現する」としている。

「8K X-tended Dynamic Range PRO」は、独立したLEDを個別に強力に発光させるというもの。8Kパネルは4Kパネルに比べて画素が細かいため、一般的に光の透過率が低く暗くなってしまうが、この問題を8K X-tended Dynamic Range PROによって克服し「8Kパネルでは難しい、圧倒的な明るさを実現した」とアピールしている。

8Kアップコンバート専用の8K専用データベースを持つ「8K X-Reality PRO」も搭載。これにより「あらゆる映像を8K画質に高精細化処理する」ともしている。

4KではIMAX Enhancedにも対応。現在TSUTAYA TVで配信されているIMAX Enhancedコンテンツを視聴できる。4K HDR信号はHDR10、HLG、およびドルビービジョンに対応する。

そのほか画質面ではトリルミナスディスプレイや広視野角技術「X-Wide Angle」も採用するほか、パネルは倍速駆動に対応している。

音声面では、ドルビーアトモスに対応するほか、スピーカーには「Acoustic Multi-Audio」を搭載。一般的なテレビのように本体下部だけでなく上部にもスピーカーを配置するとともに、サブウーファーも組み合わせた、トゥイーター4基、ウーファー8基、サブウーファー4基による最大出力80Wの2.2chシステムによって、大画面の課題であった “音の定位のズレ” を解消したとしている。

スマートテレビとしては引き続きAndroid OSを採用し、前述のTSUTAYA TVのほか、Netflix、Amazon Prime Video、YouTube、DAZN、Abema TVなど各種インターネット動画配信サービスに対応。Netflix用に画質を最適化する映像モード「Netflix Calibrated Mode」も搭載している。そしてオープンプラットホームであるため新アプリへの対応が早いことも利点だとし、「テレビとしてのTVerへの対応も業界で最も早かった」と同社はアピールしている。

また、Works with Apple AirPlayおよびChromecast built-in、Works with Apple HomeKit、Works with Googleアシスタント、Works with Alexaに対応。スマートフォンとの連携能力を強化し、Android/iOSのどちらの端末からでも動画や音楽をテレビにキャストして楽しむことができるようにしている。

HDMI端子は4系統を装備。「HDMI 4」端子が8K 30p 4:2:0 8bitなどに対応しており、8K対応機器をプレミアムハイスピードHDMIケーブルで接続し、HDMI 4入力端子の「HDMI信号フォーマット」を「拡張フォーマット(8K優先)」に設定することで8Kを利用できる。なお8K 60p 4:2:0 10bitにも後日のアップデートにて対応予定だとしている。

関連記事