一部機能を省いたベーシックモデル

ソニー、4K液晶テレビ「ブラビア X8000G」。4Kチューナー省略などで手頃な価格実現

編集部:小野佳希
2019年04月23日
ソニーは、同社製テレビ“4K BRAVIA”(ブラビア)新モデルを大量発表。本稿では、4Kチューナー非搭載のベーシック4K液晶テレビ「X8000Gシリーズ」について紹介する。

BRAVIA X8000Gシリーズ

「X8000Gシリーズ」は5月25日の発売で、65型の「KJ-65X8000G」、55型「KJ-55X8000G」、49型「KJ-49X8000G」、43型「KJ-43X8000G」をラインナップ。65型は22万円前後、55型が16万円前後、49型が13万円前後、43型は11万円前後での実売が予想される。

新4K衛星放送(BS/110度CS 4K)チューナーを非搭載にするなどスペックを抑えることで手頃な価格を実現したベーシックモデル。地デジ/BS/110度CSチューナーは2基搭載し、1基が再生専用、1基が録画専用となる。

本機のリモコン。同時発表の他機種では4K放送呼び出し用の「4K」となっているボタンが「10キー」になっているなど細部が異なっている

HDR信号はHDR10とHLGに対応。画質面では超解像エンジン「4K X-Reality PRO」およびトリルミナスディスプレイ技術を従来から引き続き搭載している。なおバックライトはエッジ型で部分駆動には対応していない。また、パネルは等倍速パネルとなる。

スピーカーはフルレンジスピーカー2基によるステレオで実用最大出力は20W。ドルビーアトモスへのアップデート対応は予定していない。そのほか「X9500G」など同時発表の上位モデルが採用する新UIや無線リモコン、Apple Airplay 2/HomeKitへの対応なども省いている。

関連記事