43型税込93,500円前後からの3サイズ展開

東芝、新エンジン/4Kチューナー搭載で価格も抑えた液晶テレビ「レグザC340X」

編集部:小野佳希
2020年02月05日
東芝は、4K液晶テレビ新モデルとして、新開発の映像エンジン「レグザエンジンG」を搭載しつつ価格も抑えたエントリー機“REGZA”「C340Xシリーズ」を3月上旬に発売する。55型/50型/43型の3サイズ展開でオープン価格だが、55型の「55C340X」が税込132,000円前後、50型の「50C340X」が税込110,000円前後、43型の「43C340X」が税込93,500円前後での実売が予想される。

“REGZA”「C340Xシリーズ」

なお、最上位機「Z740Xシリーズ」と「M540Xシリーズ」も同時発表。各モデルについての詳細は別項で紹介している。

同時発表の3モデルの機能比較表

本機「C340Xシリーズ」は、新4K衛星放送(BS4K)チューナー内蔵4Kテレビ。同時発表のZ740XシリーズとM540Xシリーズがクラウド上のデータと連携して高画質化する映像エンジンを搭載するのに対し、本機ではクラウド連携を行わないことなど機能を絞り込むことで、より手頃な価格を実現させている。

スタンド

ただし本機のエンジン「レグザエンジンG」も、チップとしてのベースは上位機M540Xシリーズの「レグザエンジンCloud」と同じもの。また、「地デジビューティX」もM540Xシリーズ同様に搭載している。

「地デジビューティX」は、地デジのノイズを抑えながら高精細に4K相当へとアップコンバートするという機能。地デジ番組の映像信号に最適な処理を行うことで文字(テロップ)まわりのノイズや動きのある映像で発生する動きボケを抑えるという。

「おまかせピクチャー」機能も搭載。部屋の環境にあわせ、輝度や精細感などを最適な画質に自動調整する。

また、画質面では今回の新モデルからガンマ制御の新たなアルゴリズムを採用。これは主にHLG形式での4K放送を意図したもので、「HLGでの2Kから4Kへのアップコンバートでは、元々のSDRでの100%の白がHDR化した際の75%になるように規定されている。そのため、これをテレビがそのまま映すと視聴者は少し暗く感じる。これに対して新たなガンマ制御を入れることで、今回のモデルでは75%以上の部分に実際はどれくらい輝度信号があるかを見て、その分布が多い場合にはそれ用にガンマをあてるようにした。これによって、2K SDRからの4K HDRアップコンバートでもしっかりとした映像を再生できる」という。

関連リンク

関連記事