独自の骨伝導技術を搭載

BoCo、“こめかみで聴く”骨伝導イヤホン「FIT BT-1」を6月27日発売。約2万円

編集部:杉山康介
2019年06月06日
BoCo株式会社は、耳にはめずに骨伝導で音を聴く“earsopenシリーズ”のヘッドセットタイプイヤホン「FIT BT-1」を6月27日に発売する。価格は19,310円(税込)。同社のオンラインショップキヤノンオンラインショップ、家電量販店などで予約受付を開始している。

「FIT BT-1」

こめかみにデバイスを当てることで、骨伝導で音楽を聴くスタイルのイヤホン。1月に開催された「ウェアラブルEXPO」に参考出展され、4月の「春のヘッドフォン祭2019」では6月中の発売予定とアナウンスされていたが、この度発売日が正式決定したかたち。

独自特許技術による高性能振動ドライブ「earsopen Device」と最新のイコライジング技術により、高音から低域まで音域が広がり、よりリアルで臨場感のある音を実現。「耳をふさがない新しいリスニングスタイルで、まるでコンサートホールの中にいるような臨場感のある音楽を楽しめる」という。また、独自の最新技術「Accurate Vertical Vibration」によって骨伝導能力を高めた点も特徴だ。

独自の骨伝導技術により、耳を塞がないリスニングスタイルを実現

頭部を包み込むデザインのヘッドセットには、主にチタン合金とシリコンを使用。質量も34gと軽量で、優れた装着性とフィット感、高耐久性を実現したという。本体内部に水が入り込まない防水設計となっているため、アウトドアシーンや天気の優れないときでも使えるとのこと。

電話がかかってきたときにはボタン一つで対応可能で、エコーキャンセル機能によってマイクのエコーを低減すると同時に、マイクの位置最適化と振動制御を行い通話相手のエコーも低減するという。

連続再生時間は約6時間で、充電時間は約1.5時間。BluetoothはVer4.2に、プロファイルはA2DP/AVRRCP/HSP/HFP/SPP、コーデックはSBCに対応する。外形寸法は約80×124×54mm。カラーはブラックとライトグレーの2色をラインナップする。

ブラックとライトグレーをラインナップする

関連リンク

関連記事