クラウドファンディング製品を一般販売

オウルテック、片側3.9gの完全ワイヤレスイヤホン「Samu-SE03」を6月28より一般販売。約8千円

編集部:杉山康介
2019年06月11日
オウルテックは、片側3.9gの“最小最軽量クラス”を謳う完全ワイヤレスイヤホン「Samu-SE03」を、全国の量販店や同社直販サイト「オウルテックダイレクト」等にて6月28日より発売する。価格はオープンだが、7,980円(税抜)での実売を想定する。

「Samu-SE03」

本年3月より「Makuake」にてクラウドファンディングを行っていた製品が、この度一般販売を決定したかたちとなる(関連ニュース)。

「従来の完全ワイヤレスイヤホンでは、女性など小さな耳のユーザーには収まりにくいという声があり、イヤホン本体および充電ケースも合わせて小型化を目指して開発した」とするモデル。ハウジングは人間工学を応用したエルゴノミックデザインを採用することで装着性を高めると共に、片側3.9gという最小最軽量クラスのコンパクトさを実現したのこと。

最軽量クラスのコンパクトさながら、装着性も高いという

Φ10mmダイナミックドライバーを搭載。低域の再生に量感を持たせたサウンドチューニングに仕上げてあり、さまざまなジャンルの音楽を、サイズを超えた迫力で楽しめるという。

左右のイヤホンそれぞれにボタンを2つずつ備えており、右側イヤホンのボタンでは通話応答/音量アップ/曲戻し、左側イヤホンのボタンではSiri呼び出し/音量ダウン/曲送りといった操作が可能。Bluetoothのバージョンは5.0。プロファイルはA2DP/AVRCP/HSP/HFP、コーデックはAAC/SBCに対応。ほか、IPX4の防水性能も備える。

左右のボタンでさまざまな操作が可能

イヤホン本体の連続再生時間は約4時間、充電ケースでは約6回分のイヤホン充電が可能で、最大24時間の連続使用が可能としている。イヤホンおよび充電ケースはそれぞれ約2時間でフル充電となる。充電ケースはスライド式で、内蔵マグネットで吸着することでイヤホンを収納できる。充電ケースの外形寸法は約 31.3W × 31.3D × 94Hmm、質量は52g。ブラックとホワイトの2種類をラインナップする。

関連記事