チタンコーティング振動板も採用

TaoTronics、最新チップ搭載でaptX HD対応のBluetoothイヤホン「TT-BH07S」。5,378円でe☆イヤホン先行発売

編集部:成藤 正宣
2019年06月07日
e☆イヤホンは、TaoTronicsのaptX HD対応Bluetoothイヤホン「TT-BH07S」を、6月14日より全国の店舗ならびにWeb本店にて先行発売する。価格は5,387円(税込)。

TT-BH07S

2015年の発売以来、世界で累計200万台以上を売り上げたという「TT-BH07」の上位モデル。国内で販売される製品としては初めて、クアルコムの最新Bluetoothチップ「QCC3034」を搭載。優れた省電力性により最長約15時間の連続再生が可能で、高音質BluetoothコーデックのaptX HDにも対応した。Bluetoothコーデックはそのほか、aptX/AAC/SBCにも対応する。

搭載する6mmダイナミックドライバーは、同社として初めてチタンコーティング振動板を採用。クリアで明瞭な高音、豊かで厚みのある低音を両立するという。また、ハウジングはIPX5の防水を備え、スポーツ中の汗や雨に濡れても安心して使えるとしている。

最新Bluetoothチップにより省電力性やaptX HD

3サイズ(S/M/L)のイヤーピースとイヤーウイング、充電用microUSBケーブル、収納ポーチ、取扱説明書を同梱。質量は約16g。

関連リンク

関連記事