アビスブルー色のシースを採用

Beat Audioのリケーブル「Hadal」、8導体仕様への有償アップグレードが期間限定で開始

編集部:平山洸太
2018年11月15日
ミックスウェーブは、同社が取り扱うBeat Audioのリケーブル「Hadal(ヘイダル)」を8導体仕様にアップグレードする有償プログラムを期間限定で実施する。価格は48,000円(税込)で、受付期間は11月15日から2019年1月15日。

Hadal 9-Wired アップグレードプログラム

Hadalは、深海をモチーフにしたというアビスブルー色のシースを採用したリケーブル。導体には銀をベースに作られた特殊合金素材を採用し、独自開発の特殊素材による絶縁スリーブを使用している(関連ニュース)。

申込みは特設ページから行う。同製品はMMCX端子/2pinカスタム端子/qdc・Ultimate Ears向け端子/JH Audio向けモデルが発売されているが、今回のアップグレードではJH Audio向けモデルは対象外となる。

関連記事