生活家電まで幅広い展示

<IFA>フィリップス、最新エンジン搭載4K有機ELテレビをアピール。B&Wコラボで高音質も

編集部:小野佳希
2018年09月02日
ドイツ・ベルリンで開催されている世界最大級の国際家電見本市、IFA 2018。フィリップスは、テレビに照明、生活家電と幅広い製品群を展示。テレビでは自社製の映像プロセッサー「P5」を搭載した有機ELテレビや、B&Wとのコラボスピーカー搭載モデルなどをアピールしている。

フィリップスのブース

GoogleアシスタントやAmazon Alexaの日本上陸によって、それらの技術を搭載したスマートスピーカーとの連携機能を持つ照明「Hue」に日本でも注目が集まるなどしているフィリップス。日本ではテレビ事業は展開していないが、欧米ではテレビブランドとしてもかなりメジャーな存在であることをご存知の方も多いことだろう(ちなみに今回記者が滞在しているホテルの部屋のテレビもフィリップス製だ)。

音声操作対応照明「hue」の展示

そんな同社製テレビについて、ブースでは上記のように「P5」プロセッサーが持つ能力をデモ。4K有機ELテレビ“OLED +”「903シリーズ」などを展示し、同プロセッサーが実現する映像のシャープさ、色の深さ、ディティールの再現性の高さなどをアピールしている。

“OLED +”「903シリーズ」


様々な面で画質が優れることを紹介

最新世代の「P5」プロセッサーをアピール

また、同社最新モデルの一部ではB&W製スピーカーを搭載している点も特徴。その音質の高さをじっくり体験できるスペースも用意するなどしている。

B&W製スピーカーを搭載することで音質も高めている

関連記事