ファームウェアアップデートを実施

OPPO「UDP-205/203」、ドルビービジョン強制出力機能を追加。205はUSB-DACのMQA対応も

編集部:小野佳希
2018年07月18日
OPPO Digital Japanは、UHD BDプレーヤー「UDP-205」「UDP-203」のファームウェアアップデートを実施。ドルビービジョン強制出力機能などを追加したほか、UDP-205にはUSB-DAC入力経由でのMQAデータのコアデコード再生機能の追加なども行った。

UDP-205

両機種ともに、ドルビービジョン信号を出力する際にソニー製の一部のディスプレイ機器との互換性を図るための「プレーヤー主動」モードを追加。また、ドルビービジョン強制出力機能も追加した。同機能は「HDR」下のメニューで設定することができ、この設定項目は、HDMI出力から出力される信号をドルビービジョン形式の信号に強制的に変換することが可能である環境下で有効になる。

さらに、ドルビー・ビジョン・プロセッシング設定機能を追加。本機能は「HDR設定」下のメニューで設定することができる。この設定項目では、ドルビービジョンの信号処理をディスプレイ側で行うか、UDP-20xシリーズで行うかを設定することができる。

また、UDP-205のみ、USB-DAC入力経由でのMQAデータのコアデコード再生機能を追加。加えて、USB-DAC入力時に、入力されたデータをアップサンプリング(44.1k→88.2k/48k→96kのみ)する機能も追加した。本機能は「オーディオ出力設定」下のメニューで設定することができる。

そのほか、両機種とも全般的なUHD BDディスクその他のディスクの再生互換性を向上させた。

関連リンク

関連記事