HDMI入力はHDR 10に対応

OPPO「UDP-205」「UDP-203」がRoon Readyに対応

編集部:川田菜月
2017年09月20日
OPPO Digital Japan(株)は、UHD BDプレーヤー「UDP-205」「UDP-203」のファームウェア・アップデートを実施。これにより、音楽再生アプリ「Roon Ready」対応、HDMI入力端子経由の映像入力がHDR 10に対応など、各種機能が追加された。

「UDP-205」「UDP-203」のファームウェアアップデートを実施

本アップデートにより、UDP-205およびUDP-203が「Roon Ready」に対応。Roon Coreとの組み合わせにより、本機をRoon Ready対応のネットワークオーディオプレーヤーとして利用可能になる。

Roon Readyに対応する

なおRoon利用には機能制限があり、2ch再生のみに対応、マルチチャンネルファイルはRoon側でステレオにダウンミックスされる。また、DSDファイルは全てリニアPCMに変換して再生する。制限内容および注意事項の詳細はFAQページにて確認可能。

ギャップレス再生も可能に

セットアップ画面

ギャップレス再生にも対応。なお、WAV/FLAC/APEのいずれか1種類で同一サンプリング周波数である場合に限り機能する。映像機能では、HDMI入力端子経由の映像入力がHDR10に対応、21:9のアスペクト比にも表示可能となった。またこれにより、セットアップメニューにギャップレス再生設定、HDMI IN設定を追加した。

その他、Seagate製HDDの特定モデルとの互換性や、Audirvana Plusを使用したUSBオーディオ機能利用での再生安定性、全般的なUHD BDやその他ディスクの再生互換性など機能向上を図っている。

最新バージョンは「UDP20XJP-50-0913」。なお、JP仕様の独自ファームウェアのアップデートのため、US/EU仕様のBDプレーヤー製品には適用されない。

関連記事