販売金額は前年同期比103.9%

'18年上期の有機ELテレビ、シェア1位はソニー。BCNが各種AV機器等ナンバーワンメーカー発表

編集部:小澤貴信
2018年07月12日
(株)BCNは12日、デジタル家電の実売データを集計する「BCNランキング」に基づき、主要な117のカテゴリ(ハードウェア85、ソフトウェア32)について、2018年上半期(1月-6月)に最も販売数が多かった「上半期No.1メーカー」を発表した。

概況についても発表。今回集計した全117カテゴリでみた実売状況については、2018年上半期のデジタル家電市場は、販売数は前年同期比で98.2%と前年を下回ったものの、販売金額は103.9%と前年を上回った。

カテゴリ別では、販売数で前年を上回ったのが36カテゴリだった一方、販売金額では前年を上回ったのが39カテゴリとなった。

主要カテゴリの中で最も伸び率が大きかったのは有機ELテレビで、販売数前年比で865.1%、金額前年比でも731.1%と圧倒的だった。同社は、昨年市場が本格的に立ち上がったばかりで、初動での市場拡大が数字に表れたと分析する。

また安定的に市場拡大を続けているドライブレコーダーが販売数161.3%で続いた。液晶テレビは4K以上が販売数133.2%と伸びている一方、2K以下では92.0%と前年を下回った。スマートフォン全体では115.0%と2桁の 伸びを示しているが、SIMフリースマートフォンは90.7%と前年を下回った。

主要なデジタルAVカテゴリーの上半期No.1メーカーは以下の通り(%は販売数量シェアを示す)。全117カテゴリーの一覧はこちら

<AV/ホームシアター/オーディオ>
液晶テレビ(2K以下) シャープ(株) 37.1%
液晶テレビ(4K) シャープ(株) 31.5%
有機ELテレビ ソニー(株) 39.9%
デジタルチューナー (株)アイ・オー・データ機器 90.6%
DVD・BDレコーダー パナソニック(株) 40.2%
DVD・BDプレーヤー ソニー(株) 28.1%
プロジェクター セイコーエプソン(株) 50.3%
ホームシアターシステム ソニー(株) 30.2%
スピーカーシステム ヤマハ(株) 31.5%
AVアンプ ヤマハ(株) 40.3%
ヘッドセット エレコム(株) 18.5%
ヘッドホン・イヤホン (株)オーディオテクニカ 24.0%
携帯オーディオ ソニー(株) 63.1%
携帯オーディオアクセサリ エレコム(株) 50.1%

<モバイル/PC>
スマートフォン Apple Inc.%
デスクトップPC 富士通(株) 25.0%
ノートPC NECパーソナルコンピュータ(株) 22.2%
タブレット端末 Apple Inc. 40.5%
液晶ディスプレイ (株)アイ・オー・データ機器 18.7%
VR・ARゴーグル (株)ソニー・インタラクティブエンタテインメント 35.7%

<車載>
PND パナソニック(株) 58.0%
ドライブレコーダー (株)コムテック 30.2%

<デジタルカメラ>
デジタルカメラ(レンズ一体型) (株)ニコン 31.0%
デジタルカメラ(一眼レフ) キヤノン(株) 58.9%
デジタルカメラ(ミラーレス一眼) キヤノン(株) 30.1%
デジタルビデオカメラ パナソニック(株) 44.1%
アクションカメラ GoPro Inc. 72.9%

関連リンク

関連記事