プロダクションI.Gなどのグループ

NTTぷららとIGポートが資本業務提携。スマホ用アニメ配信拡大、オリジナルコンテンツ制作も

編集部:押野 由宇
2018年05月07日
株式会社NTTぷららは、本日5月7日に株式会社IGポートとコンテンツの制作に向けた資本業務提携に合意。IGポートの発行済株式を4.98%取得したことを発表した。

IGポートグループは、「攻殻機動隊シリーズ」「進撃の巨人」「魔法使いの嫁」などを代表としたアニメーションの映像制作事業、コミックを主とする出版事業などを展開し、新たなアニメコンテンツの創出を推進している企業。グループにはプロダクション・アイジー、シグナル・エムディなどがある。

NTTぷららとIGポートは、本提携を通じて、オリジナルアニメやスマートフォン向けアニメをはじめとしたさまざまなコンテンツの企画・制作および配信、VR/MR/ARなど先端技術を用いた新たな映像サービス提供に向けて連携し、高品質な映像コンテンツの事業機会の創出と普及に取り組んでいくとしている。

なお、IGポートが設立したシグナル・エムディとNTTぷららは、IGポートの連結子会社である株式会社プロダクション・アイジーが運営するスマートフォン用アニメ配信「タテアニメ」におけるコンテンツ「ルナたん 〜1万年のひみつ〜」の共同製作等を行なってきている。

関連記事