ファルコンの360度スピーカーも

<OTOTEN>ラディウス、2K+ハイレゾ生中継配信に成功/オーディオテクニカはART1000にあのプレーヤーを組み合わせ

編集部:風間雄介
2018年06月16日
本日16日に開幕、明日17日まで開催される「OTOTEN 2018」(事前来場者登録はこちら)。本稿ではラディウス、オーディオテクニカ、ファルコンの出展内容を紹介する。

ラディウス

96kHz/24bitのハイレゾ音声と4Kまたは2K映像をリアルタイムでストリーミングできる、ラディウスが推進する画期的なシステム「LIVEWARP(ライブワープ)」。

「LIVEWARP(ライブワープ)」の実際のデモの模様。ラディウスが独自開発したAndroidTV向けアプリで視聴ができた。画面中央にサンプリングレートが表示され、実際にハイレゾで配信された音声を再生していることが確認できた

今回のデモでは、神楽坂のライブホールで演奏されたジャズライブを、OTOTEN会場にリアルタイムストリーミングしていた。昨年も同社はハイレゾのリアルタイムストリーミングを行い話題を集めたが、今回はかなり距離が離れた会場外、しかも映像付き…ということで、難易度は相当上がったに違いない。

だが今回のデモは成功した。リアルタイムのストリーミングとは思えないほど画質が安定した映像とハイレゾ音声を、遠隔地にいながら、ライブで体験できた。

このデモを、ハイレゾスピーカー搭載テレビやスマートフォン、タブレットなど多彩なデバイスで受信し、再生できていたことも、将来のサービスの広がりを予感させた。なお、テレビでのデモはBRAVIAで行われ、Android TV向けにラディウスが独自開発したアプリを介して行われた。リアルタイムでビットレートが表示されていた。

タブレット+アクティブスピーカーという組み合わせでのデモも実施

もちろんスマホで再生し、イヤホンで聴くというスタイルも提案していた

LIVEWARPは高音質・高画質に特化した次世代ストリーミング配信システムとして、室内外での音楽イベント、ライブ、コンサート、スポーツなどのコンテンツをリアルタイムストリーミングする用途を想定。リアルタイムストリーミングだけではなくVODコンテンツの配信にも対応する予定という。なおラディウスでは、通販サイト「radius online shop」を6月下旬にオープンする予定で、このLIVEWARPとも連携を予定しているという。今後の展開に大いに期待したい。

オーディオテクニカ

オーディオテクニカは出展テーマを、同ブランドの最高級カートリッジ「AT-ART1000」と開放型の最高級ヘッドホン「ATH-ADX5000」の2つに絞り、広大なブースを贅沢に使って製品をアピールしていた。

オーディオテクニカの試聴システム

「AT-ART1000」については当サイトで何度も紹介しているが、60万円という超高級カートリッジだ。デモでは、これをテクニクスのフラグシップアナログプレーヤー「SL-1000R」と組み合わせてデモ。両ブランドの最上位モデルの共演とあって、ブースには多くの来場者が詰めかけていた。

「AT-ART1000」をテクニクス「SL-1000R」と組み合わせてデモ

また「ATH-ADX5000」も多くの試聴機を惜しげも無く置き、ゆったりと試聴できるようになっていた。

「ATH-ADX5000」は多数のデモ機が置かれていた

さらにアナログプレーヤーでは、実売9万円前後と手が届きやすい価格帯でありながら、ベルドラドライブやJ字のスタティック・バランス型トーンアームを備えた本格志向のプレーヤー「AT-LP7」も展示していた。

「AT-LP7」

ファルコン

ファルコンは、全指向性のスピーカーシステムを出展していた。メインで展示していたのは「Model 503」で、木目調ブラックとピアノブラックが用意されている。

ファルコンは全指向性のスピーカーシステムをデモ

その最大の特徴は、上部にオムニ・リフレクションホーンを設け、360度に音が広がること。なお、このポートカバーを取り外すとバスレフ型スピーカーに変更することもできるという。

なおファルコンは、Model 401やModel 301など、より小型なモデルもラインナップしている。

小型モデルも用意されている

関連記事