デジオンのハイレゾ再生ソフトなども

<OTOTEN>aiwaからハイレゾイヤホンなど多数新製品/ローランドやトライオード、ブライトーンも注目展示

編集部:小野佳希
2018年06月16日
オーディオビジュアル関連の様々なブランドが集うイベント「OTOTEN 2018」(事前来場者登録はこちら)が東京国際フォーラムで開幕。ガラス棟4階G409室にはヘッドホン関連を中心に様々なメーカーが集結し、未発表新製品の参考展示などを実施。本稿ではaiwa、ローランド、トライオード、ブライトーン、デジオン、サザン音響、エディピットの出展をレポートする。

■aiwa

2017年にブランドとして復活したaiwa(アイワ株式会社)は、CDラジカセやアナログプレーヤーなど既存製品に加えて、今秋に発売予定だという未発表製品を多数参考展示。ハイレゾイヤホンやラジオチューナー搭載のBluetoothホーンスピーカーなど様々な製品を発売予定であることを紹介していた。価格や詳しい価格などは未定だが、いずれもかなり手頃な価格での発売を予定しているとのことだった。

Bluetoothイヤホン「HPB-VS30」

ハイレゾ対応イヤホン「HP-VH50」


ラジオチューナー内蔵のホーン型Bluetoothスピーカー「SB-HF20」

スケルトン筐体のBluetoothスピーカー「SB-X200」


aptX LLにも対応するBluetooth送受信機「BA-TRX20」

■ローランド

ローランドは、パワードスピーカー「MA-22」やハイレゾ対応オーディオレコーダー「R-07」などローランドブランドの製品に加えて、V-MODAのヘッドホン「CROSSFADE2 WIRELESS」も展示。少し変わったところではバイノーラル録音が行えるイヤホン一体型コンデンサーマイク「CS-10EM」の展示も行っている。

MA-22

■トライオード

トライオードのブースでは、CROSSZONEのヘッドホン「CZ-1」をゴールドムンドのヘッドホンアンプ「Telos Headphone Amplifier2」との組み合わせで体験可能。真空管プリメインアンプ「Ruby」などトライオードブランドの製品も展示している。

「CZ-1」と「Telos Headphone Amplifier2」

■ブライトーン

ブライトーンは、米ZMF headphonesの木製ハウジングヘッドホンに加えて、まだ正式発表していないALPHA & DELTAのイヤホン「D6」「D3」を参考展示。「D6」は7月1日に15,000円で発売予定であることを明かしている。

ALPHA & DELTA「D6」

同製品では、独自設計の第2チャンバーで反射音波を吸収する「デュアル・エア・チャンバー・アコースティック・デザイン」を採用。これによって歪みを低減し、音の明瞭さとサウンドステージを改善するという。

■デジオン

デジオンは、Windows用ハイレゾ対応サウンドプレーヤーソフトウェア「CurioSound(キュリオサウンド)」をデモ。新機能としてスペクトラムアナライザー表示を追加するかを検討中とのことだった。

スペアナ表示機能の実装を検討中

■サザン音響

サザン音響は、バイノーラル録音用のダミーヘッドを展示。人間の頭を模した一般的な形ではなく、鼻などの造形を省略して球形に近くすることで街中などでも使いやすくしたタイプなどを展示している。

顔の形ではないことでより広いシーンで利用しやすいよう配慮

■エディピット

エディピットは、米国SpectraCal社の映像キャリブレーションツール「CalMAN」(カルマン)を展示。ホームシアター向けの家庭用キャリブレーションソフト「CalMAN Home Enthusiast」のデモを行っている。

キャリブレーションのデモを披露



OTOTENは明日6月17日まで開催。事前来場登録者には特典として抽選で5名に、同協会が企画した特別アナログ盤『オーディオ協会監修 井筒香奈江Laidback2018』(関連ニュース)がプレゼントされる。事前登録は公式サイトから行える。

関連記事