スマホで検索、カーナビで表示

パイオニア、MapFanアプリ連携強化のカロッツェリア「サイバーナビ」新機種

編集部:風間雄介
2018年04月18日
パイオニアは、carrozzeria(カロッツェリア)の新製品として、iPhoneやAndroidスマートフォンと連携し、「MapFan コネクト」にも対応した「サイバーナビ」を6月に発売する。同社では「コネクテッドカーライフを実現するモデル」と紹介している。

AVIC-CL902-M

発売するのは、LS(ラージサイズ)メインユニットタイプの「AVIC-CL902」、200mmワイドメインユニットタイプの「AVIC-CW902」、2Dメインユニットタイプの「AVIC-CZ902」。それぞれマルチドライブアシストユニットとのセットモデルも用意されている。価格はいずれもオープン。

iPhone/Android向けアプリ「MapFanAssist」(無料、6月配信予定)や、ウェブサイト「MapFan」とサーバー経由で接続。スマホや PC 上で登録した場所を確認できる「スポットフォルダ」、事前に送信した目的地を、カーナビ起動時に受信・設定できる「スポットリザーブ」などの機能が利用でき、目的地やドライブプランを便利に表示することが可能だ。

また、あらかじめ作成したドライブのプランを受信して予定した日時に実行できる「ドライブプラン」も用意されている。

リアルタイムに車両の位置情報も確認できる「マイカーシーク」機能も搭載。迎えに来たクルマが今どこまで来ているか確認することも可能。車両盗難の際にも役立つとしている。

さらにAV機能では、ドライブ中の場所や時間帯に合わせ、750 万曲以上の楽曲から編成されたチャンネルを楽しめるほか、 iPhone/スマートフォンでも手軽にストリーミング再生が可能な「ミュージッククルーズチャンネル」に対応している。

もちろんハイレゾ音源(96kHz/24bit)に対応。さらにCDなどの音源をハイレゾ音源に近づける「マスターサウンドリバイブ」機能も搭載している。

関連記事