スマホ側の電源で駆動

エレコム、AndroidスマホにUSB接続して使う360度カメラ「OMNI shot mini」

編集部:小澤貴信
2018年03月20日
エレコムは、Android OS搭載のスマートフォンに装着して360度映像の撮影ができるコンパクトVRカメラ「OMNI shot mini」を3月下旬より発売する。価格は33,510円(税抜)。

「OMNI shot mini」

USB Type-C端子を搭載したスマホに搭載したイメージ

Android 6.0以降を搭載し、USBホスト機能に対応したスマートフォンやタブレットにUSB接続して利用できる。USB Type-C端子を搭載した端末に対してはそのまま搭載することが可能。付属の変換アダプターを使用すれば、USB micro-B端子を搭載した端末でも利用可能だ。

動画撮影できる解像度は標準で2560×1280、最大で3008×1504に対応。静止画は4.5Mピクセル相当(3008×1504)で撮影できる。また、手ブレ補正機能も搭載している。最大フレームレートは30fps。

撮像センサーは1/3型 CMOSセンサーを2基搭載。センサー総画素数は408万画素×2となる。レンズ画角は210度×2、焦点距離は1.2mm(35mm判換算8.6mm相当)、F値はF2.4。質量が約28gと軽量であることも特徴だ。

スマートフォンなどに直接接続して用いるカメラなので、Wi-Fi設定なども必要なく、無料の専用アプリ「OMNI shot mini」を起動するだけで撮影が行える。電源は接続するスマートフォン等のバッテリーを用いる。

撮影した画像は、4つのビューモード(フィッシュアイ、パノラマ、リトルプラネット、クリスタルボール)で閲覧できる。また、各モードで基本のスワイプのほか、VR、ジャイロ効果を有効にすることができる。

YouTubeおよびFacebookでは、OMNI shot miniアプリから360度動画のライブ配信が可能。撮影したコンテンツはFacebookなどで共有できる。360土画像についてはLINEでも共有できる。

専用ポーチ、クリーニングクロスも付属する。外形寸法は40.5W×46.5H×40Dmm。

関連記事