Daydream独自の機能も実装

AbemaTV、GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」対応を開始

編集部:川田菜月
2018年03月29日
インターネットテレビサービス「AbemaTV」は、GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」への対応を開始した。

AbemaTVの様々な動画コンテンツがVRで楽しめる

Daydreamは、Googleが提供するモバイル向けVRプラットフォーム。対応スマートフォンを装着して使用するヘッドセット「Daydream View」を用いて、高品質なVR体験ができるとしている。

AbemaTVは、VR関連事業を手掛ける(株)サイバーエージェントの子会社「VR Agent」と共同で専用アプリを開発。AbemaTVのニュース、バラエティ、ドラマなど様々な動画コンテンツをVRで楽しめるとしている。なお、Daydream対応には「GVR SDK」を活用しており、チャンネル切り替えやコメント機能などの基本機能や、シアターモード、画面拡縮機能、フリーポジショニング視聴など、Daydream独自の機能も実装する。

今後は、「Abemaビデオ」やAbema会員向けのプレミアムプランへの対応など、機能を拡充していく予定とのこと。

関連記事