VIVEは13,630円の値下げ

HTC、「VIVE」を「Pro」仕様にできるアップグレードキットを国内発売

編集部:押野 由宇
2018年03月19日
HTC NIPPONは、同社のヘッドマウントディスプレイ「VIVE」を上位モデル「VIVE Pro」へとアップグレードできる「VIVE Pro HMD(アップグレードキット)」を、4月6日より国内販売する。価格は94,000 円(税抜)。また、「VIVE(コンシューマーエディション)」の価格が77,880円(税抜)から64,250 円(税抜)に3月19日22時より国内正規販売店にて順次改定される。

VIVE Pro HMD

現在「VIVE(コンシューマーエディション)」もしくは「VIVE(ビジネスエディション)」を所有していれば、ヘッドセットの部分をこのVIVE Pro HMD にアップグレードすることができる。

VIVE Pro HMD はデュアル有機ELディスプレイを搭載し、現行のVIVE よりピクセル数が78%向上した2,880×1,600 の高画素映像を実現。またVIVE Pro HMDはアンプを内蔵した一体型ヘッドホンを搭載。アンプがノイズキャンセリングを通してリアルな存在感やサウンドを生み出すとしている。

快適性を求めて設計も見直され、上部のヘッドストラップや、重さのバランスを改良。また、眼鏡をかけていても調整が簡単な構造となった。

VIVE Pro HMDはSteamVR Tracking1.0と2.0の両方で動作するため、現行のVIVE を持っていれば、ヘッドセット部分をアップグレードするだけで、所有のコントローラーとベースステーションが使用可能となる。

なお「VIVEトラッカー」の後継モデルとなる「VIVE トラッカー (2018)」の国内販売も3月23日(金)より開始される。価格は11,574円(税抜)。

関連リンク

関連記事