実写洋画には『ハードコア(吹き替え版)』を用意

PS VR用アプリ「シアタールームVR」、初3Dを『攻殻機動隊 S.A.C. SSS』でβテスト

編集部:押野 由宇
2018年03月14日
ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、PlayStation VR(以下、PS VR)での映像シアター体験を実現する動画視聴アプリケーション『シアタールームVR』について、βテスト初となる「3D映像」および「実写洋画」タイトルを配信する。

「シアタールームVR」

βテストで使用される3D映像作品は劇場アニメ『攻殻機動隊S.A.C SOLID STATE SOCIETY』。募集期間は3月14日〜3月20日 23:59:59まで。視聴期間は3月28日〜4月3日 23:59:59を予定。

『攻殻機動隊S.A.C SOLID STATE SOCIETY』

実写洋画には1人称視点で撮影されたバイオレンス・アクション映画『ハードコア(吹き替え版)』を用意。募集期間は3月14日〜3月20日 23:59:59まで、視聴期間は3月28日〜4月3日 23:59:59を予定している。

『ハードコア』

βテストへの応募資格として、PS 4およびPS VRを所持し、PS Plusに加入している日本国内在住者であることが挙げられる。応募期間内に各タイトルの「『シアタールームVR』βテスト応募券」をPS Storeより取得することで応募が完了。応募者の中から抽選で各2,000名へ、βテスト期間に利用できる『シアタールームVR βテスト権利(プロダクトコード)』が付与される。

関連記事