独自の「FlowState」機能で対応

「Insta360 ONE」がメジャーアップデート、ジンバルより滑らかな動画を撮影可能に

編集部:風間雄介
2018年03月21日
(株)ハコスコは、中国Shenzhen Arashi Vision社の360度カメラ「Insta360 ONE」がメジャーアップデートしたことを発表。新たにスタビライズ機能とスマートな編集機能を加えたと発表した。

「Insta360 ONE」をiPhoneと接続したところ

新しいアプリとファームウェアの適用によって、新機能を利用可能になる。

独自の「FlowState」機能により、滑らかな映像を撮影可能になるとアピール。「FlowState技術を使用しているONEの映像は、最新のスマートフォンに外付けのジンバルを利用した場合の映像よりスムーズ」としている。この安定した撮影機能を使ってハイパーラプス映像もより滑らかに撮影できるという。

FlowStateによる映像と、ジンバルを使った映像の比較動画がYouTubeに公開されている。



また編集については、360度動画から、すばやく重要な箇所を取り出すための新機能を追加した。具体的には、動画の中で重要なピボットポイントを複数設定して、ストーリーのアウトラインを決める。その後、アプリが自動的にそれらのポイントを、滑らかなトランジションによってつないでいくという。

そのほか、オブジェクトを追尾する「SmartTrack」機能も改良。オブジェクトを指定すると、そのオブジェクトが常に動画の中央に来るようになる。これを先述の「FlowState」と組み合わせることで、素早くスムーズな追尾動画を作成できる。

これまでの自由編集モードは「ViewFinder」という名称になり、撮影した動画を左右に回転したり、ズームしたりなど、手動で自由に動画を編集できる。

「Insta360 ONE」は4K/360度映像を撮影できるカメラ。単体でも撮影可能なほか、iPhone/iPadに直挿しするLightning接続、Bluetooth接続でリモートコントロールした撮影など、様々な使い方ができる。Androidアダプターによって、Androidスマホでも使用可能。市場想定価格は42,999円(税込)。

本体には2,400万画素の撮像素子を備え、120fpsスローモーション撮影、6軸手ぶれ補正機能なども搭載している。

関連記事