ピーク輝度は2,000nits

<CES>サムスン、世界初“マイクロLED”テレビ「The Wall」。モジュール式でサイズを変更可能

ファイルウェブ編集部
2018年01月09日
米ラスベガスで1月9日から開催される「2018 International CES」。サムスンがプレスカンファレンスを開催し、世界初のマイクロLEDテレビ「The Wall」を発表した。

「The Wall」

プレスカンファレンスで発表された

同社によると「The Wall」はバックライトを使わず、カラーフィルターも使わない。RGBの微細なLEDを敷き詰めており、これにより最大2,000nitsの輝度、自然な色調、深く沈んだ黒を実現する。

バックライトを使わず、カラーフィルターも使わない

モジュール式になっておりサイズをカスタマイズできる

また、テレビとして世界で初めてモジュール式になっており、ベゼルレスのため、サイズを自由に変えることができる。

サムスンは、この「The Wall」の画質やデザインはサムスンのオンリーワン技術によるもので、「テレビの可能性を最定義し、これまでできなかったことを可能にする」と述べている。

この「The Wall」には、サムスンの新たなAI技術や8Kコンテンツ再生技術、スマートテレビ技術などが搭載されており、CES会場で公開される。

プレスカンファレンスでは、同社のIoTプラットフォームの展開についても発表した。これまで提供してきた「Samsung Connect」「Smart Home」「Smart View」などのスマートデバイス操作アプリを統合し、「SmartThings」アプリとして2018年春に提供開始する。

「SmartThings」によりすべてのスマートデバイスをシームレスに連携させていく

2018年春には「SmartThings」アプリを提供開始

本アプリを用いることで、スマートフォン、テレビ、または車から、接続されたスマートデバイス製品の操作を直接行うことができる。また、クラウドプラットフォームで「SmartThings Cloud」上にも接続し、テレビなどに搭載されたダッシュボード機能を用いて接続デバイスの状況を確認、操作することもできる。

アプリ上で接続したデバイスの操作が簡単にできる

テレビや冷蔵庫などにダッシュボード機能を搭載し、接続されたデバイス状況の確認などができる

さらに、Galaxy S8/S8+に搭載された独自のAIアシスタント機能「Bixby」の強化も推進。スマートテレビや家電製品にも搭載して、あらゆるデバイスを音声でスムーズに操作可能にするとした。

独自のAIアシスタント機能「Bixby」も強化し、家電製品に搭載していく

会場では、SmartThingsアプリを用いたデモを実施。アプリ上でセットアップすることで接続情報などがスマートテレビでも素早く認識され、Spotify上の音楽再生などスムーズな操作を実現している。

会場では実際にアプリを用いた操作デモを実施

Spotifyなどのログイン情報も素早く連携される

同社は「2020年までにすべてのサムソン製品をインテリジェント化し、“SmartThings”に対応させる」とし、「よりシームレスなioTシステムの構築を加速化し、複雑さを減らしてよりシンプルな生活を実現していく」とした。

2020年までにすべてのサムスン製品のインテリジェント化を推進

「複雑さを減らしてシンプルさを追求する」と語った

またIoTデバイス製品には、デバイスを保護するハードウェアセキュリティシステムとファームウェアアップデートを含む「Samsung Knoxテクノロジー」を採用するとのこと。その他新製品として、ディスプレイを搭載しBixbyによる音声操作にも対応する冷蔵庫「Family Hub」や、360度画面が回転するノートPC「Note Book 9 Pen」、デジタルホワイトボード「Samsung Flip」なども発表した。

デジタルホワイトボード「Samsung Flip」

ノートPC「Note Book 9 Pen」

関連記事