韓国でも熱を帯びるヘッドホン文化

注目製品多数! 韓国のオーディオ&ヘッドホンイベント「SSK」取材レポート!

SP DIVISION:塚田真由子

前のページ 1 2 3 次のページ

2017年11月29日
韓国のオーディオ&ヘッドホンイベント「SSK(SUPER SOUND KOREA) 2017」が、11月24日、25日の2日間、ソウルの総合展示場・COEXで開催された。ヘッドホンメーカーや輸入代理店が計24社参加し、韓国初披露となる新製品などを展示した同イベントの模様をレポートする。

「SSK 2017」の看板には「韓国と代表する高音質音源サービス“Bugs!”と、プレミアム音響ブランドたちがつくる高音質の祭り」と書かれている

韓国・ソウル、江南(カンナム)地区の中心部、三成(サムソン)にあるコンベンションセンター「COEX」が「SSK 2017」の舞台

■韓国でも熱を帯びるヘッドホン文化

これまで同イベントは、小社刊行「プレミアムヘッドホンガイド」の韓国版編集部による主催で「Headphone Festival(通称:ヘッフェ)」という名称で開催されていた。

3年目となる今年は、韓国でも最大級の高音質音源配信サイト「Bugs!」を運営するNHN Bugs Corporationをオフィシャル・スポンサーに迎え、イベント名称も「SSK」に刷新。

イベント名であり、スローガンでもある「SUPER SOUND KOREA」には、「高音質を楽しむことができる環境を、一部のマニアだけでなく、一般の音楽ファンにも普及させていきたい」という想いが込められている。

「プレミアムヘッドホンガイド 韓国版」編集長のユン・ミン氏によると、「前年に比べて会場面積2倍、参加企業も2倍」とのことで、最終的な来場者数は公表されていないが、事前の予約者数だけでも11,000人を突破したという。

「プレミアムヘッドホンガイド」韓国版編集部の皆さん。後列左が編集長のユン・ミン氏

会場では「プレミアムヘッドホンガイド」韓国版のバックナンバーの姿が。韓国版は何と月刊!

「Bugs!」調査によると、事前予約者の男女比は男性:65%、女性:35%、年齢構成では10代が8%、20代が57%、30代が17%、40代が10%、50代が8%と、20代が半数以上を占めていることがわかる。

事前予約者調査の概要(Bugs!調べ)

「イベントをはじめた2年前から比べると、ヘッドホンの文化が徐々に浸透しているのを感じています。輸入代理店からは『新製品の時期に合わせて年に2回開催してほしい』という声もあがっています。『Bugs!』とは『来年は会場の面積も増やしたい』と話しているんですよ」とユン・ミン氏は語ってくれた。

一方、「Bugs!」側も「SSK 2017」が高音質音源を聴く環境を整える起爆剤になっていくことを期待しているという。広報担当のガン・シンユ氏は「高音質音源をクオリティの高い音響機器で聴く楽しみを多くの人に知ってもらいたいと考えています。アーティストとのつながりの強い音源配信サイトがこのようなイベントを主催することで、より一般の層に訴求できるのではないかと考えました」とイベントへの想いを語ってくれた。

ンタビューに応じてくれた高音質音源配信サイト「Bugs!」を運営するNHN Bugs Corporationのお二人。左からサービス企画開発部のジンファン・ジュン氏、広報担当のガン・シンユ氏

韓国で有名なドイツ人タレント、ダニエル・リンデマン氏のピアノ・コンサートも行われるなど、集客率を高めるための工夫が施されていた

■会場で見つけた気になる韓国ヘッドホンブランド

「SSK 2017」の会場は、大まかにいうと、中心の円形ホールおよび廊下にヘッドホンブランド、円形ホールを挟む左右の部屋にHi-Fiオーディオブランドのブースの出展という構成。

「SSK 2017」のブースマップ

会場で見つけた気になる韓国ヘッドホンブランド

前のページ 1 2 3 次のページ

関連リンク

関連記事