「映画を聴こうプロジェクト」

シアター機器購入で映画10本分が無料に。ビデオマーケット&オーディオブランド3社&ドルビー合同キャンペーン

編集部:成藤正宣
2017年11月15日
ONKYO/Pioneer/DENON/marantz/YAMAHAのホームシアター製品を購入すると、動画配信サービス「ビデオマーケット」で映画10本分相当を視聴できるポイントなどがもれなくプレゼントされるキャンペーンが本日11月15日からスタートした。

ビデオマーケットとオーディオメーカー5社の合同キャンペーン

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン、ディーアンドエムホールディングス、ヤマハミュージックジャパンのオーディオ3社5ブランド、ビデオマーケット、ドルビーラボラトリーズ、日本オーディオ協会による合同キャンペーン。「映画を聴こうプロジェクト」として2018年2月7日まで展開する。

キャンペーンは、11月15日から来年2018年1月31日までの間に対象ホームシアター製品を購入したユーザーが対象。キャンペーンサイトから応募すると、新作映画10本分に相当するビデオマーケット動画視聴ポイント、またはChoromecastと映画2本分相当のビデオマーケット動画視聴ポイントをプレゼントする。

対象となるホームシアター製品は、キャンペーンに参画する各社のブランドであるONKYO/Pioneer/DENON/marantz/YAMAHA 計5ブランドの製品となっている。詳細な対象製品はキャンペーンサイトで確認できる。

本日開催の記者発表会会場に展示された、各社のキャンペーン対象シアター製品。ONKYO「TX-NR676E」「BASE-V60B」、DENON「AVR-X1400H」「AVR-X4400H」


Pioneer「VSX-832」「FS-EB70」、marantz「NR1608」


YAMAHA「RX-V583」「YSP-2700」

また12月16日と17日には、キャンペーン対象ブランドの製品全てが試聴できる「ホームシアター体験イベント」が開催。ビデオマーケットの動画コンテンツも体験できる。

本日、開催に伴う記者発表会が開催され、日本オーディオ協会会長の校條亮治氏らが登壇。キャンペーンを実施するに至った背景などが語られた。

記者発表会に出席した各社代表者

校條会長は発表会の中で、、国内のホームシアター市場はある一時期拡大を見せたものの、様々な要因から頭打ちになっていると指摘。音や映画の鑑賞が、スマホやヘッドホンなど小さな環境で完結してしまいかねない事に危機感を抱いているとした。

日本オーディオ協会 校條氏

しかし今後、4K/8K放送の開始などが控えていることや、今年春に開催した音展で実施したアンケートではホームシアターへの要望が非常に多かった事などに触れ、これからの盛り上がりへの期待を込め、「映画を本来の環境で見る感動、制作者が想定した形を届けたい」という思いから、企業の枠を超えたキャンペーンの後援に踏み切ったと述べた。

ビデオマーケットの高橋氏は、同社が強みとしている18万タイトル以上の配信コンテンツや、BDディスクに迫る高画質を実現しているという独自コーデック「UHQエンコード」、ドルビーデジタル/ドルビーアトモス対応コンテンツによって貢献するとアピール。ドルビージャパンの尾崎氏も、ドルビーデジタルやドルビーアトモスといった同社の技術が順調に普及しつつある事をプレゼンし、「視聴者の方々が高音質・高画質をご自宅でお楽しみいただく、その高音質という部分に関してドルビーがお役に立てることを非常に嬉しく思う」としていた。

ビデオマーケット 高橋氏

ドルビージャパン 尾崎氏

発表会の場には、オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン 代表取締役社長の荒木健氏、ディーアンドエムホールディングス代表取締役の中川圭史氏、ヤマハミュージックジャパンAV流通部部長の野口直樹氏ら各社の責任者も一堂に会し、業界をあげて市場を盛り上げると意気込みを見せた。

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン 荒木氏

ディーアンドエムホールディングス 中川氏


ヤマハミュージックジャパン 野口氏

関連記事