「T1 2nd Generation」などに使用可能

beyerdynamic、DAC/アンプ内蔵のヘッドホンケーブル「Impacto essential」

編集部:成藤正宣
2017年10月25日
ティアックは、独beyerdynamicブランドのDAC/アンプ内蔵ヘッドホンケーブル「Impacto essential」を10月下旬に発売する。オープン価格だが、直販サイトでの価格は41,040円(税込)。

Impacto essential

以前からイベントに出展されていた製品が、正式に発売を決定したかたち(関連ニュース

ヘッドホンケーブルの途中にコンパクトなDAC / アンプを直結するというデザインで、ヘッドホン側端子は3.5mm両出しステレオミニプラグ。同ブランドのヘッドホン「T1 2nd Generation」「T5p 2nd Generation」「AMIRON HOME」が対応する。

beyerdynamicのハイエンドヘッドホンに直結可能

プレーヤー側ケーブルは付け替えが可能で、USB Type-A、USB Type-C、Micro USB Type-Bの3種類のケーブルが付属。AndroidスマートフォンやPCに接続することが可能。DACチップに「ESS SABRE9018Q2C」を採用し、ファイルフォーマットはPCM 384kHz / 32bit、DSD 5.6MHzまでのネイティブ再生に対応する。

3種のUSBケーブルが付属し、幅広い再生機器に対応

出力レベルは50mW(32Ω)、出力インピーダンスは4.7Ω。外形寸法は32W×65H×7Dmm、質量12g。
新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドBEYERDYNAMIC
  • 型番Impacto Essencial
  • 発売日2017年10月下旬
  • 価格¥OPEN(直販価格¥41,040/税込)
【SPEC】●対応フォーマット:PCM 384kHz / 32bit、DSD 5.6MHz ●出力レベル:50mW(32Ω) ●出力インピーダンス:4.7Ω ●外形寸法:32W×65H×7Dmm ●質量:12g

関連記事