【特別企画】じっくり使ってハンドリングレポート

「ひかりTV 4K」がさらに進化。HDRとIP放送を編集部記者が自宅で使ってみた

編集部:小野佳希

前のページ 1 2 3 次のページ

2016年03月11日


日本で初めて商用4K VODをスタートさせた「ひかりTV」が、今度は4K HDRでのVODサービスと4K-IP放送も開始した。評論家の鴻池賢三氏によるレビュー記事を前回お届けしたが、編集部記者が自宅でじっくりと同サービスを体験する機会も得たので、その使用感などをレポートしたい。

■ひかりTVがまたも他社に先駆けて4K-IP放送とHDR VODをスタート

「ひかりTV」はNTTぷららが運営するサービスで、テレビ向け動画配信(PCやスマートフォンでも視聴可能)に加えて、音楽やゲーム配信、電子書籍に通販といった多彩なコンテンツが利用可能。

2014年10月に商用として国内初の4K VOD配信を開始していたのに続き、2015年11月からはこちらも国内初となる4K HDRコンテンツのVOD配信、および4K-IP放送もスタートさせた。まさに日本の4K商用サービスのパイオニアとも言えるような存在だ。

4K VODに続き4K IP放送もスタートさせた

4K HDRコンテンツの提供も日本初

4Kサービス「ひかりTV 4K」は、対応チューナー「ST-4100」を4K対応テレビに接続するか、対応チューナー内蔵テレビを使用することで利用可能。ソニー、パナソニック、東芝、シャープ、LGの各社がひかりTV 4Kチューナー内蔵4Kテレビを展開している。

今回の取材では対応チューナー内蔵の東芝「レグザ Z20X」と4K STB「ST-4100」の両方でサービスを試した

そのうち4K HDRと4K IP放送の両方にも対応しているのは、本記事執筆時点の2016年2月末で、東芝“レグザ”「Z20Xシリーズ」。4K IP放送には未対応だがLG「EG9600シリーズ」もHDRに対応している。またLGは「UF9500」もHDRに対応予定とアナウンスしている。チューナー「ST-4100」は、HDR対応はまだだが、4K IP放送は利用できる。

シャープのアクオス、ソニーのブラビアもひかりTVの4K HDRに対応予定。パナソニックのビエラも対応を検討している

ひかりTV 4Kの利用には、インターネット回線がフレッツ光であることも必要。これは回線状況を閉域網に限定することで、配信時の遅延などの不具合を回避するためだ。

4K-IP放送やHDRコンテンツの視聴にあたっては、4K用に特別な料金コースが用意されているのではなく、基本プラン(お値うちプラン/テレビおすすめプラン/ビデオざんまいプラン/基本放送プラン)いずれかに加入していればそのまま4Kメニューも利用可能。単品売りで料金が必要なコンテンツもあるが、見放題プランに4K作品も含まれたり、無料で試せる4K作品も用意されている。

■編集部記者が自宅で4K-IP放送とHDRを体験してみた

今回の取材に使用したのは、東芝の「レグザ Z20X」。前述のように、ひかりTV 4K HDRにもファームウェアアップデートによって対応済みのモデルだ。また、ひかりTV 4Kチューナー「ST-4100」も用意し、外付けチューナーを利用した場合の使い勝手も試してみた。

想像以上の速度で充実する4K作品/快適で楽しい4K-IP放送

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事