HDR作品数拡大も発表

ひかりTV、初のドルビービジョン作品を'16年上期に提供

編集部:小野佳希
2016年04月14日
NTTぷららは、同社が運営する「ひかりTV」で配信している4Kコンテンツについて、HDR作品を拡充。同社初のドルビービジョン対応作品も提供予定であることを明かした。

HDR作品の提供を拡大

現在、ひかりTVでは10タイトルをHDR対応で配信中だが、今後これを22作品に拡大すると発表。「アメイジング・スパイダーマン2」など12作品を新たにHDR対応で順次提供する予定だ。

追加する12作品のうち、「Red Bull X-Fighters World Toure Stop Abu Dhabi 2015」はドルビービジョン対応としても提供。HDR10ではすでに本日4月14日から提供を開始しているが、今後新たにドルビービジョンでも提供する予定。詳細な時期は未定だが、「今年上期のなるべく早い時期に提供を開始したいと思っている」(同社スタッフ)という。

ひかりTV初のドルビービジョン対応作品を提供

なお、同作品はフリースタイルモトクロスの大会の模様を収録した同社オリジナル作品。ひかりTVでの独占配信となる。

また、非ドルビービジョン作品では、例えば「ライ王のテラス」は5月からの提供を予定。宮本亜門演出、鈴木亮平や倉科カナら出演の舞台を4Kで映像化したもので、「三島由紀夫の最後の戯曲といわれる伝説の舞台を映像化した」という。

追加されるHDR作品は下記の通り。

アメイジング・スパイダーマン2
チャッピー
アフター・アース
エリジウム
ソルト
ハンコック
グリーン・ディスティニー
ライ王のテラス
3人のヤマトナデシコ 〜ただ勝利のためでなく〜
日本刀男子!龍馬の愛刀を追って
The Legend Car トヨタ2000GT
Red Bull X-Fighters World Toure Stop Abu Dhabi 2015

関連リンク

関連記事