4月14日よりアップデート対応

ひかりTV 4K HDRのVOD作品がソニー 4Kブラビアで視聴可能に

編集部:小野佳希
2016年04月07日
NTTぷららは、同社が運営する「ひかりTV」で配信している4K HDRのVOD作品を、ソニー製液晶テレビ“BRAVIA”の4K対応モデルに向けて、4月14日より提供開始する。


4月14日より開始されるソニー“BRAVIA”のアップデートによって、対象モデルがひかりTVの4K HDRコンテンツに対応。新たにHDR作品を視聴できるようになる。対象モデルは「ひかりTV」チューナーを内蔵した下記の7シリーズ。

・X9350Dシリーズ
・X9300Dシリーズ
・X8500Dシリーズ
・X9400Cシリーズ
・X9300Cシリーズ
・X9000Cシリーズ
・X8500Cシリーズ

なお、ひかりTVの視聴にはフレッツ光または光コラボレーション事業者が提供する光アクセスサービスのインターネット回線が必要。4K作品の視聴にあたっての追加料金は不要で、通常の各プランの料金だけで4Kコンテンツも視聴できる。4K作品は基本料金内で見放題のもの、作品ごとに購入するPPV、無料作品などがあり、現在約700本の4K作品(非HDR含む)が提供されている。なお2Kのものも含めると、ひかりTVでは約49,000本のVOD作品が用意されている。

関連リンク

関連記事