スマホ向け通常4K配信は11月20日より

ひかりTV、4K HDR配信/4K IP放送/スマホ向け4K HDR配信を11月30日から順次開始

編集部:小野佳希

前のページ 1 2 3 次のページ

2015年11月17日
NTTぷららは、同社が運営する「ひかりTV」において、4K VODでのHDR配信やスマートフォン向け4K VOD配信、およびテレビ向けの4K-IP放送サービスを11月30日より開始する。なお、すでに展開しているテレビ向け4K VODサービスと同様に、「お値うちプラン」など対象プランの加入者であれば、これらのサービスを利用するにあたって特別な追加料金等は必要ない。



■テレビ向けHDR配信は東芝「レグザ Z20X」やLG「EG9600」の対応が決定

テレビ向けHDR対応4K VODではHDR10方式、スマホ向け「ひかりTVどこでも」でのHDR配信ではドルビービジョンを採用する予定。テレビ向けは11月30日、スマホ向けは2016年1月から提供開始する。

HDR(右)とSDR(左)の比較デモ

テレビ向けでの4K HDR配信は、サービスイン時には「The Legend Car 〜夢のスーパーカー対決〜」「自衛隊観艦式2015」など10本のHDR対応作品を用意。順次追加していく。

視聴にはひかりTVチューナー内蔵のHDR対応4Kテレビ、もしくはSTB「ST-4100」とHDR対応4Kテレビが必要。チューナー内蔵テレビではLGの「EG9600シリーズ」など4機種が11月30日、東芝の「REGZA Z20Xシリーズ」が12月17日にファームウェアアップデートによって本サービスへ対応することが決定しており、シャープのAQUOSも2016年春に対応する。また、ソニーのBRAVIAでも対応予定であるほか、パナソニックVIERAも対応を検討中だという。

LG製テレビが11月30日、東芝レグザが12月17日のアップデートでHDR配信にも対応。シャープのアクオスも2016年春に対応し、ソニーのブラビア、パナソニックのビエラも対応を検討している

すでに展開中の4K VOD用のチューナーは各社のテレビ約60機種が内蔵している

STB「ST-4100」は2016年上期のアップデートによるHDR対応を予定。これに先行し、11月30日には後述する4K-IP放送への対応アップデートが行われる。

東芝レグザ「Z20X」とSTBがアップデートで4K-IP放送に対応することが決定しており、他社のテレビも対応を検討している

エンタメやファッション、グルメなどを扱う「モデルプレスTV by ひかりTV 4K」チャンネルは12月19日からの提供

なお、本件に関連してSTB「ST-4100」の月額レンタル料金を値下げ。12月利用分より、従来の1,800円から900円(いずれも税抜)へと大幅に値下げする。

■スマホ向け4K配信は11月20日スタート

スマホ向け4K配信は、NTTドコモの発表会で展示されていたサービス(関連ニュース)の詳細が明らかになった格好。まず通常の4K配信を11月20日から開始し、HDR配信を2016年1月より行う。スマホ向け4K作品として当初は約40本を用意する。なおコンテンツのダウンロード保存はできない。

モバイル向けには通常の4K配信を11月20日から、HDR配信を2016年1月から開始予定

4K-IP放送は2つのチャンネルで展開。録画も可能

前のページ 1 2 3 次のページ

関連リンク

関連記事