テレビ端子へ直接挿し込む

DXアンテナ、フルセグ放送を非圧縮でスマホへ無線LAN伝送する「DXメディアコンセント」

編集部:杉浦 みな子
2016年03月30日
DXアンテナ(株)は、フルセグ放送を無線LAN経由で視聴できるようになるトランスミッター「DXメディアコンセント(型番:DMC10F1)」を、NTT西日本のショッピングサイトWest-Vにて先行販売開始した。価格はオープンだが、オンラインでは8,980円(税抜)で販売されている。

DXメディアコンセント(型番:DMC10F1)

本製品は、フルセグ受信非対応のスマートフォン/タブレット等の端末でもフルセグ視聴が行えるようになる無線LANトランスミッター。本体をテレビ端子へ直接挿し込み、家庭内無線LANと接続して使用する。これによりホームネットワークを介して、フルセグのハイビジョンデータを非圧縮で端末に送信できるようになる。

家庭内ホームネットワークを介してスマホ等でフルセグ視聴できる

DXメディアコンセントから無線LANルーターへの送信、無線LANルーターからスマホ/タブレット等への送信は全てワイヤレスで行うため、家庭内のどこにいても高画質の映像を楽しむことができる。無線LANルーターはIEEE802.11n/ac対応のものが必要。さらに本体と無線LANルーターとの接続は、本体に備える「ワンタッチ接続設定ボタン」を押すだけで簡単に行える。

また、本体をテレビ端子へ直接挿し込むため、接続のための同軸ケーブルが不要で省スペース設置が可能なこともポイント。地デジ放送信号の受信状態は、本体のRFランプの色で表示される。

なお視聴に関しては、一般社団法人マルチスクリーン放送協議会が提供する、DXメディアコンセント専用アプリ「モアテレビ」を使用する形となる。本アプリは、iOS用とAndroid用が無料で提供されている。

専用アプリ「モアテレビ」
新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドDX ANTENNA
  • 型番DMC10F1
  • 発売日2016年3月30日
  • 価格¥8,980(税抜)

関連記事