パソコンやスマホ、タブレットからの視聴が可能

民放5社、テレビ番組の無料見逃し配信サービス「TVer」を10月にスタート

ファイル・ウェブ編集部
2015年07月16日
民放キー局5社は共同で、放送後のテレビ番組の無料ネット配信サービス「TVer(ティーバー)」を2015年10月に立ち上げると発表した。


本サービスは、日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョンの民放5社および系列放送局のドラマやバラエティ番組を放送後広告付きで無料配信するというもの。

これにより、見逃してしまった番組をパソコンやスマートフォン、タブレットから無料で視聴できるようになる。なお、配信コンテンツは各社10番組/週程度で、番組の配信期間は放送終了後から次回放送までの間の1週間程度となる。

5局は「TVer」を立ち上げることで、ユーザーがもっと自由に、自分のスタイルでテレビ番組を楽しめるようになり、さらに公式のサービスを広げることで違法動画配信の撲滅にもつながるとしている。

サービス名称の「TVer」には、「ユーザーの誰もが、場所や時間の制約から解放され、もっと自由に、もっと自分に合わせてテレビ番組を楽しめるようになります。そんな新しいスタイルでテレビを視聴する人たち(=TVer)が世の中にどんどん増え、テレビをこれまで以上に楽しんで頂きたい」という願いがこめられているという。

関連記事