120Hz駆動や22.2ch音声再生に対応

<CEATEC>シャープ、85型“フルスペック”8K液晶テレビを参考出展

ファイル・ウェブ編集部
2014年10月07日
10月7日から11日まで幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2014」。本記事では、85型のフルスペック8Kテレビが注目を集めたシャープのブースをレポートする。

シャープ・ブースの外観

同社の最新液晶テレビも一堂に会した

参考出展されたフルスペック8Kテレビは、サイズが85インチ。“フルスペック”を謳った理由は、解像度7,680×4,320の8Kパネルの採用に加えて、120Hz駆動への対応、BT.2020の大半をカバーする広色域(カバー率は非公開)を実現したためとのこと。サウンドについても最大22.2chに対応。64個のフルレンジスピーカーと2基のサブウーファーを組み合わせた波面合成スピーカーを採用した。実用最大出力は1,000Wとなる。また、このフルスペック8Kテレビは、CEATEC AWARD 2014において総務大臣賞を受賞したとのことだ。

最も注目を集めたのはやはり、85型フルスペック8Kテレビだった

シャープの最新液晶テレビも一堂に展示。4K対応AQUOS「UD20」シリーズや、4K相当の表示を可能とする“AQUOS クアトロン プロ”XL20シリーズになどが出展されていた。また、4K IGZO液晶を採用した32型4K対応テレビも参考出展されていた。

や“AQUOS クアトロン プロ”XL20シリーズ

4K対応AQUOS「UD20


4K IGZO液晶を採用した32型4K対応テレビ

また、10月27日より配信が開始される「ひかりTV 4K」に対応したテレビのデモや、4K試験放送の録画・再生に対応したAQUOS 4Kレコーダー「TH-UD1000」の展示も行われた。

「ひかりTV 4K」のデモ

AQUOS 4Kレコーダー「TH-UD1000」

昨日発表された法人向けのMEMS-IGZO搭載7.0型タブレット(関連ニュース)も出展。本機は米クアルコム社の子会社であるPixtronix社とシャープの共同開発により実用化したMEMS-IGZOディスプレイを搭載。ディスプレイの解像度は1,280×800(WXGA)。発売は2015年の上半期となる。

MEMS-IGZO搭載7.0型タブレット

Pixtronix社のMEMSディスプレイ技術と同社のIGZO技術を融合させることで、一般的な液晶ディスプレイに比べ、一層の低消費電力化と高い色再現性を実現したという。会場では、高輝度性能のデモや、光の高透過性とシャッター技術による省電力のデモを披露。本機も来場者の関心を集めていた。

光の高透過性とシャッター技術による省電力のデモ

高輝度性能もアピールしていた

ブースでは、同社の手がけるスマートフォンのデモも多数行われていた。フレームレス構造を採用した「AQUOS CRYSTAL/CRYSTAL X」のデモは、狭額ベゼルを活かして同一機種2台でひとつの画像を表示する“SWIPE PAIR”機能を披露。特別なソフトウェアを用いて、複数台の「AQUOS CRYSTAL/CRYSTAL X」で画像を表示するデモも行われていた。

「AQUOS CRYSTAL/CRYSTAL X」を多数組み合わせての映像表示

「AQUOS CRYSTAL」を2台用いての“SWIPE PAIR”機能も披露

また、シャープの家電製品に搭載されている人工知能“ココロエンジン”をベースに、感情があるかのように話しかけて生活をサポートしてくれる「エモパー」も大きくフィーチャーされていた。

シャープ製のスマートフォンやタブレットも多数展示

人工知能による「エモパー」も大きく取り上げられていた

シャープのブース内では、“スマート・スイートホーム”と銘打ったゾーンも展開。ソーラー、蓄電池、HEMSなどのエネルギーソリューションに加え、ココロエンジンを搭載した“ともだち家電”によるライフスタイルを提案していた。

、“スマート・スイートホーム”と銘打ったゾーンも展開

カー関連の展示に大きなスペースを割いていたことも今回の特徴。独自技術のフリーフォームディスプレイや、4台のカメラの映像から360度のパノラマ俯瞰映像や視点変更映像を合成する「360度フリービューシステム」など、同社のデバイス技術を活かした車載技術を紹介していた。

同社の液晶技術を活かして、様々な形状の液晶ディスプレイを実現するフリーフォームディスプレイ

4台のカメラの映像から360度のパノラマ俯瞰映像や視点変更映像を合成する「360度フリービューシステム」

関連記事