ソフトウェア更新

シャープ、4K AQUOS「UD20ライン」の4K表示性能改善アップデート

ファイル・ウェブ編集部
2014年08月07日
シャープは、4K映像に対応する液晶テレビ“AQUOS”「UD20ライン」のアップデートを開始した。対象となる機種は「LC-70UD20」「LC-60UD20」「LC-52UD20」で、今回のアップデートにより4K表示性能を改善している。

4K AQUOS「UD20ライン」

ソフトウェア更新は、デジタル放送ダウンロード、 USBメモリーの利用、ネットワークサーバー(LAN接続)からのいずれかの方法で行える。

「UD20ライン」は、様々な4Kコンテンツを視聴できるようにしていることが特徴。同社の“AQUOS 4Kレコーダー”「TU-UD1000」と組み合わせることで、NexTV-Fが6月に開始した4K試験放送「Channel 4」のリアルタイム視聴や録画した4Kコンテンツの視聴が行える。また、今年10月に開始予定のNTTぷらら(ひかりTV)による4K VODサービスにも対応している。

関連記事