4K対応の新STB 2モデルも披露

J:COM、4K放送を全国11ヶ所で一般公開 − 4K VOD配信の構想も

ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 次のページ

2014年06月03日
ジュピターテレコム(J:COM)は、昨日6月2日からスタートした4K試験放送についての記者説明会を実施。開発中の4K対応STBの披露や、4K試験放送を一般視聴者が体験できる全国の拠点の紹介を行ったほか、今夏頃を目標に4K VODトライアル配信の実施を目指していることを明らかにした。


■全国11ヶ所でJ:COMの4K試験放送を体験可能

J:COMでは、NexTV-FによるCS 124/128衛星からの4K試験放送を同社の練馬マスターヘッドエンドで受信し、J:COM傘下の局へ伝送。またケーブル業界全体としても、ケーブルテレビ連盟がとりまとめを行い、J:COMが受信した4K放送を、JDS経由で他のCATV局へ提供している。

CATV業界での4K試験放送の実施方式

こちらでは秋田ケーブルテレビ(秋田)やイッツコム(東京・神奈川)、日本海ケーブルネットワーク(鳥取)など全国34社が4K試験放送の実施を予定。「全国津々浦々で見られる状況を作るために業界一丸となって取り組んでいる」(ジュピターテレコム 上席執行役員 事業戦略部門 副部門長 田口和博氏)という。

全国の35事業者が4K試験放送を実施予定

なお、J:COMでは通常の放送と同じRF方式と、IP配信の2通りで4K試験放送を実施中。昨日パナソニックが発表した、RF方式での4K放送対応のSTBと専用テレビ(関連ニュース)を使って実際に「Channel 4K」を再生するデモを行ったほか、RFとIPの両方式に対応するHUMAX製STBを開発中であることも明かした。

パナソニック製の4K対応STB(写真上)と専用テレビを使って4K再生デモ

HUMAX製の4K対応STB

こうした4K試験放送は、東京スカイツリータウン内にある「J:COM Wonder Studio」を始めとする全国11ヶ所で一般視聴者も体験することが可能。実施場所と実施開始時期は下記の通り。

<東日本>
札幌:ジェイコムショップ札幌元町(6月12日から)
宮城:ジェイコムショップ仙台キャベツ(6月26日から)
東京:J:COM Wonder Studio(実施中)
東京:ジェイコムショップイオン東久留米(6月20日から)
千葉:ジェイコムショップ柏(6月16日から)
神奈川:ジェイコムショップテラスモール湘南(6月19日から)

<西日本>
大阪:ジェイコムショップ堺ショールーム(6月9日から)
大阪:イオンモール鶴見緑地店(6月23日から)
大阪:ジェイコムショップ近鉄八尾駅前(7月1日から)
兵庫:ジェイコムショップ御影クラッセ(6月27日から) 福岡:ジェイコム福岡 本社ロビー(6月13日から)

東京スカイツリータウンにある「J:COM Wonder Studio」

全国11ヶ所でJ:COMの4K試験放送を体験可能。もちろん入場料等は必要ない

なお、上記の通り「Channel 4K」をCATVで再放送するという方法のため、放送される4KコンテンツはNexTV-Fによる記念式典(関連ニュース)で発表されたものと同様。J:COMが制作したラグビー関東大学対抗戦2013「早稲田大学vs明治大学」や、スカパーによる「アリス コンサートツアー2013 〜It's a time〜」など計15作品を順次放送する。

また、上映デモはパナソニック製STBを使用したRF方式でのものと、HUMAX製STBを使用したIP配信でのもののどちらかを各拠点で実施するが「どの拠点でどちらの方式での放送を行うかは特に公表する予定はない」とのことだった。

4K VOD配信は「急ピッチで準備を進めている」

前のページ 1 2 次のページ

関連記事