4KとXperia Z1をアピール

<CEATEC>ソニー、56型4K有機ELテレビを国内初披露

ファイル・ウェブ編集部
2013年09月30日
10月1日から5日まで千葉・幕張メッセで開催されるIT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2013」の開幕に先立ち、一部ブースの様子をメディア向けに開放する「メディアコンベンション」が実施された。本記事では、ソニーブースの模様をレポートする。

■56型4K有機ELテレビが国内初披露

4K関連では、液晶テレビ“BRAVIA X8500Aシリーズ”(関連ニュース)とサウンドバー「HT-ST7」(関連ニュース)との組み合わせでのデモや、“Handycam”「FDR-AX1」などを展示。さらには、その存在がCESで明らかになった56型4K有機ELテレビ(関連ニュース)も国内初お披露目で参考展示している。

56型4K有機ELテレビが日本では初披露となった


X8500AシリーズをHT-ST7と組み合わせてデモ

FDR-AX1
4K有機ELテレビは、最先端の酸化物半導体TFT技術と、有機EL発光層の光を効率良く取り出せるというソニー独自の「スーパートップエミッション(Super Top Emission)」方式を組み合わせたもの。これにより「自発光デバイスである有機ELテレビならではの高コントラスト・高輝度・高速動画応答性能・広視野角の豊かな映像表現を、高精細な4K解像度の大型サイズで実現した」としている。「スペックはCESで展示していたものと同じ」(同社説明員)とのことだった。

なお、BRAVIA X8500AシリーズについてはX9200AとともにHDMI 2.0へアップデート対応することが発表されているが(関連ニュース)、会場の同社スタッフによれば「現状では発表している以上の追加情報などはない」とのことだった。

■「Xperia Z1」を大きくアピール − 「DSC-QX100/QX10」や「HT-ST7」の展示も

ブースでは、スマートフォン「Xperia」の新フラグシップモデル「Xperia Z1」(関連ニュース)を大きくフィーチャー。1/2.3型、約2,070万画素のイメージセンサーExmor RS for mobileや、画像処理エンジンBIONZ for mobileなどによって高性能化したカメラ機能を中心に、同製品の魅力をアピールしている。


Xperia Z1

α99の分解モデルなども展示しながらソニーの様々な機器で培った技術が搭載された最高峰のスマートフォンであることをアピール
そして、スマートフォン連携による新機軸での提案を行うデジタルカメラ“Cyber-shot”「DSC-QX100」「DSC-QX10」も展示。デジタルカメラならではの性能と、SNSへのアップロードの簡易さを始めとするスマホ連携による使いやすさを訴求している。

DSC-QX100/QX10との組み合わせも手にとって試すことができる

info-eyeなどのアプリのデモも


デモスペースにはXperia Z Ultraも置かれていた

関連リンク

関連記事