4K VIERAを大々的にアピール

<CEATEC>パナソニック、「4Kワールド」全面展開

ファイル・ウェブ編集部
2013年09月30日
CEATECのパナソニックブースは、ほぼすべての面積を4K関連製品が占めている。白物家電の出展が目立った近年の展示内容と様変わりし、AVを全面的に打ち出していることが印象的だ。

展示の中心は、10月中旬に発売する、同社初の4Kテレビ“VIERA”「TH-L65WT600」だ。デモ機がブースの外周部分に数多く設置され、様々なデモを通して、製品の魅力をアピールしている。

「4K WORLD」と大きく表示

本機はHDMI 2.0に対応し、4K/60pの入力が可能。さらに、色信号を圧縮しない4K/60p、4:4:4の入力も行える。「DisplayPort 1.2a」に準拠し、DisplayPort端子からパソコンなどの4K/60p映像信号の入力が可能。4K画質で制作されたPC用ゲームなどもオリジナルのまま表示できる。ブース内の展示では、4K/60pで動作するレースゲームの試遊スペースを用意し、解像度が高く、滑らかな映像表示が可能なことをアピールしていた。

4Kテレビ“VIERA”「TH-L65WT600」。4K/60p入力が可能なことをアピール

4K/60pのゲームで、その滑らかな動きを確かめることができる


VIERAを使った「4Kブラウザ」のデモ

ブース内は4K一色
同じく最近同社が発表したDIGA最上位機「DMR-BZT9600」との組み合わせ展示も実施。BZT9600もHDMI 2.0端子を搭載し、フルHDの4:2:0映像から、ダイレクトに4K 4:4:4映像へアップスケーリングする「4Kダイレクトクロマアップコンバートplus」機能を備えている。

またBZT9600は「マスターグレードビデオコーディング(MGVC)」に対応。MGVC対応のBDを36ビットの階調で表現しながら、4K/24p/4:4:4で出力できる。パナソニックでは、この映像を入力するのに適したテレビとして4K VIERAを紹介。VIERAとDIGAの組み合わせにより、高水準な4K映像が実現することをアピールしている。

DIGA最上位機「DMR-BZT9600」と組み合わせることで、4Kを高画質再生するとアピール

「4Kダイレクトクロマアップコンバートplus」の紹介

そのほか、TH-L65WT600のフレーム補間機能「4Kフレームクリエーション」、超解像技術「4Kファインリマスターエンジン」についても、専用コーナーを設け、その効果を実際に体験できるようにしていた。

55型の4K 有機ELテレビも出展

またブース中央には暗室を用意し、55型の4K 有機ELテレビを3台設置。実際の画質を確認することができる。完成度は、9月上旬に行われたIFAに展示されていたものと同等とのこと。

55型の4K 有機ELテレビを3台設置してデモを実施

この試作機は「RGBオール印刷方式」で生産する有機ELパネルを搭載している。生産性に優れた方式のため、ローコストで生産が行える等のメリットがある。IFAで展示された参考展示品についてくわしく取材した記事はこちらで紹介している。

4Kカメラや4Kモニターも出展

4K映像を表示するだけでなく、制作する際に必要となる機材も展示・紹介していた。4K撮影対応ビデオカメラを参考出展したほか、31型の4K液晶モニター「BT-4LH310」も展示。BT-4LH310は4K(4,096×2,160/3,840×2,160)対応解像度とDCI(P3)色域の表示性能を持ち、アルミフレームを採用したことによる高い堅牢性、AC/DC電源対応による機動性などを備えた業務用モデル。12月に発売する予定だ。

31型の4K液晶モニター「BT-4LH310」

参考出展された4K対応ビデオカメラ

4Kタブレット「TOUGHPAD」も積極展開

またパナソニックブースには、世界初の20型4K IPSα液晶パネル搭載タブレット、“TOUGHPAD 4K”「UT-MB5」も大量に置かれ、タブレットでも4K化を進めていることを紹介していた。

“TOUGHPAD 4K”「UT-MB5」

本機は法人向けのモデルで、ブース内では活用例として、医療現場でレントゲン画像を読影するための「メディカル」用途、化粧品のシミュレーションなどを行う「コスメティック」用途などを紹介。ユニークな活用方法としては、TOUGHPADの周囲を額縁で囲み、4K解像度で絵画を表示する、“デジタルアートフレーム”とも言うべきソリューションも紹介していた。

4Kタブレット「TOUGHPAD」に絵画を表示

4Kタブレット「TOUGHPAD」の背面部

関連記事