HOME > ニュース > ソニー、高感度・低ノイズの“Exmor”3CMOSセンサー搭載業務用ビデオカメラのハイエンドモデル

ソニー、高感度・低ノイズの“Exmor”3CMOSセンサー搭載業務用ビデオカメラのハイエンドモデル

2012/07/26 ファイル・ウェブ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ソニーは、1/2型“Exmor”3CMOSイメージセンサーを搭載し、フルHDで高感度・低ノイズの映像撮影を実現したハンドヘルドサイズの業務用カムコーダー「PMW-200」を9月20日に発売する。価格は672,000円(税込)。


PMW-200
前機種の「PMW-EX1R」では、業務用のハンディカムコーダーとして初めて1/2型サイズのセンサーを搭載し、画質に高い評価を得ていた。本機はその性能をブラッシュアップして、信号処理系のプロセスを改善することで、F11の高感度、56dBの低ノイズ記録を実現した。

記録ビットレートは50Mbps、フルHD、4:2:2サンプリングに対応したMPEG HD422コーデックで、S×Sメモリーカードに記録を行う。記録フォーマットはMXF 50Mbpsのほか、MXF 35MbpsやXDCAM EXで採用されているMP4形式の35Mbps/25Mbps記録や、DVCAM記録にも対応し、様々なワークフローでの活用を可能にしている。

レンズはワイド端約31mm(35mm換算)のフジノン14倍ズームレンズを搭載。フォーカス/ズーム/アイリスの各操作リングは、回転範囲の終わりでしっかりと止まる「フルマニュアルリング」を採用したことで操作性も高めた。フォーカスリングは前後にスライドし、オート/フルマニュアルを切り換え可能。オプションで0.8倍のワイコンレンズもラインナップする。

オプション端子に別売のWiFiアダプター「CBK-WA01」を接続して、iOS/Androidに対応したスマートフォンやタブレットから、ワイヤレスで本機のアイリスやズーム、フォーカス、ホワイトバランス、RECスタート/ストップなどがコントロールできる。本機能は今冬のファームウェア更新で対応が予定されている。

3.5インチWVGA(852×480画素)のLCDモニターと、0.45型WVGA(852×480画素)のEVFを搭載する。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック