【動画レポート】「nasne」の“サクサク感”を体験してきた − 各種UIの動きを動画でお届け

ファイル・ウェブ編集部
2012年05月21日
ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が7月19日に発売する「nasne(ナスネ)」。開発陣へのインタビュー記事も別途お届けしているが、本日、メディア向けに体験会も開催された。実際の画面なども体験することができたので、その“サクサク感”を動画でお届けしたい。

まず下記はテレビ視聴をする際のUI。チャンネル切替もスムーズだ。なお、動画中の番組はデモ用のダミーコンテンツだが、体験会では実際のテレビ番組でもデモを実施。ダミーコンテンツと遜色ない速さを実現できていた。



次はトリックプレイ(早送り/巻き戻し、シーンサーチ)のデモ。早送りと巻き戻しは1.5倍から0.1倍刻み、最大120倍速対応で、シーンサーチは15秒/30秒/1分/2分/5分から選択できる。早送りやシーンサーチ後に再生が開始されるまでの時間も非常に短い。



そして下記は録画予約のデモ。EPGの地デジ、BS、110度CSの切替も非常にスムーズだ。



最後に下記が番組検索の例。ジャンル、サブジャンル、キーワード、チャンネル、日付での検索が行える。動画ではジャンルを切り替えて検索しているが、メニュー左側でジャンルを切り替えると、それに連動して右側の検索結果一覧が変わっている。その検索結果表示までのスピードの速さもポイントだ。実際の放送/録画コンテンツで記者も体験してみたが、キーワード検索等でも驚くべき速さで検索結果一覧が表示された。

関連記事