SCE、PS3やPS Vita/VAIOなどと連携するネットワークレコーダー/NAS「nasne」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2012年04月17日
ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、500GBのHDDと、地上/BS/110度CSデジタルチューナーを搭載したレコーダー/NAS機器 “nasne”(ナスネ)「CECH-ZNR1J」を7月19日に発売する。価格は16,980円(税込)。

同梱物一覧

“nasne”(ナスネ)「CECH-ZNR1J」

同じネットワーク内に接続したPS3の「torne」(ver 4.0)や、VAIO専用のnasne視聴・録画アプリ「VAIO TV with nasne」を用いることで、本機でテレビ番組視聴や録画を行うことが可能。録画モードはDRモードと3倍モードを用意している。

後ろから見たところ

前から見たところ

録画した番組は、PS3やPS Vita、VAIO、Sony Tablet、Xperiaで共有できる。放送中の番組や録画した番組は、DTCP-IPストリームを2本同時に送信することで、2つの機器で同時に視聴することができる。

サイド

上からみたところ

PS3には最大4台までのnasneを登録でき、テレビ番組の4番組同時録画が可能。またtorneを所有しているユーザーの場合は5番組同時録画が行えるようになる。

PS Vitaの対応は年内を予定。年内にPS Vita専用のナスネ対応視聴・録画アプリケーションとして「torne for PS Vita」を提供。同アプリを使用することで、Wi-Fi経由でテレビ番組の視聴や録画予約などが可能になる。

VAIOでは、nasneの発売に合わせてVAIO専用アプリ「VAIO TV with nasne」を提供予定。テレビ番組のライブ視聴や録画予約ができるほか、nasneに録画した番組を、VAIOを使ってBDやDVDへダビングしたり、内蔵HDD/SSDへ書き出すことが可能。

また「VAIO TV with nasne」を使えば、家庭内ネットワークに最大8大のnasneを登録することで、8つのチャンネルの同時録画も行える。さらにキーワードによる番組検索機能も利用できる。

Sony Tabletでは、「RECOPLA」を使ってnasneに直接アクセスし、Wi-Fi経由でテレビ番組のライブ試聴や録画番組の視聴が可能。またXperiaも一部機器が2012年中に対応予定で、録画番組の視聴やライブ試聴が可能になる見込み。さらにSony Tabletと対応のXperiaについては、「Gガイドテレビ王国CHAN-TORU」を利用し、外出先からテレビ番組の録画予約も可能にする。

またnasneはDLNAサーバー搭載ストレージとしても使用でき、動画や音楽、画像などを保存し、DLNAで配信できる。ただし、画像や音楽などのプライベートコンテンツのDLNA配信は、ナスネシステムソフトウェアVer.1.50より対応予定となる。さらにnasneでは、外付けHDDを接続することで容量の拡張も行える。

本体の外形寸法は43W×136H×189Dmm、質量は約460g。

関連リンク

関連記事