HOME > インタビュー > 記事

インタビュー

安蔵靖志氏が“真の姿”に迫る

「nasne」は何故誕生した?何ができる?将来展望は? − 開発陣直撃インタビュー

安蔵靖志

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

2012年05月21日
ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が7月19日に発売する「nasne(ナスネ)」(関連ニュース)。どんな背景から開発され、どんなことができるのか?そして将来的な展望は?ジャーナリストの安蔵靖志氏がnasne開発スタッフ陣に取材を敢行し、真の姿に迫った。

nasne

開発チームの面々。写真左から石塚健作氏、渋谷清人氏、水野公喜氏、河原裕幸氏、末富達人氏

■「nasneイコールPlayStation 3周辺機器」ではない

「nasne(ナスネ)」は500GB HDDと地上・BS・110度CSチューナー1基を内蔵する注目のネットワークレコーダー&メディアストレージだ。内蔵HDDのほか、外付けUSB HDDへの録画にも対応。放送波をそのまま記録するDRモードのほか、内蔵トランスコーダーを利用した長時間録画(3倍モード)にも対応している。

背面端子部の様子

天面の様子

ユニークなのは、「nasneイコールPlayStation 3の周辺機器」ではないことだ。PS3用テレビ録画・視聴アプリ「torne(トルネ)」と最も親和性の高い機器であることは間違いないが、PS3がない家庭でも利用できる。

nasneはPS3やPlayStation Vita(PS VITA)、ソニーのPC「VAIO」、タブレット端末「Sony Tablet」、スマートフォン「Xperia」シリーズと最も親和性が高い設計となっている。これらに用意される専用アプリケーションを利用することで録画予約ができるだけでなく、録画した番組を家庭内LAN経由で視聴できる。

トップメニュー画面

それに加えて家電AVネットワーク規格「DLNA」と著作権保護規格「DTCP-IP」に対応しており、これらに対応する機器(具体的には「ソニールームリンク」やパナソニック「お部屋ジャンプリンク」、シャープ「ホームネットワーク」機能に対応するテレビなどの再生機器)からnasneで録画した番組を視聴できるようになっている。

外出先からの録画予約はPCやスマートフォン、タブレットに対応するWebサービス「Gガイド.テレビ王国CHAN-TORU」で行える。ソニー製品のみ動作確認を取るとのことだが、かなり幅広い製品で利用できる仕組みだ。

nasneはシングルチューナーモデルだが、PS3にnasneを4基まで接続でき、PS3専用地デジチューナーと併せて最大5番組同時録画に対応する。VAIOシリーズの場合、最大8番組同時録画(nasneが8台必要)ができるという。

複数台のnasneを使い同時録画という使い方も可能。1箇所にまとめて設置するというよりも、複数の部屋に設置したものをネットワークでつなぐという使い方をイメージしているという

■nasneをなぜネットワーク機器にしたのか

従来の「torne」(PS3用地上デジタルチューナーと番組録画・視聴アプリのセット)がPS3専用周辺機器だったのに対し、なぜnasneは必ずしもPS3を必要としないネットワーク機器になったのか。商品企画部 ハードウェア企画課の渋谷清人課長はその理由として「拡張性」を挙げる。

「今までと全く違う考え方でものを作った方がいい」

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

関連記事