2月8日のアップデートで

ソニー、PSNアカウントをSony Entertainment Networkアカウントに統合

ファイル・ウェブ編集部
2012年02月04日
ソニー・コンピュータエンタテインメントは、2月8日に行うPS3とPS Vitaのシステムソフトウェアアップデートにあわせ、これまでの「PlayStation Networkアカウント」という名称を「Sony Entertainment Networkアカウント」へ変更すると発表した。

システムソフトウェアアップデートを適用すると、「”PlayStation Network”アカウント」と表示されていた箇所が「Sony Entertainment Networkアカウント」と表示される。変更されるのは名称のみで、利用できるサービスに変更はない。名称変更に伴って、アカウント情報やパスワードを変更する必要もない。ただしPSPの画面上に表示されるアカウント名は変更されない。

Sony Entertainment Network(SEN)は、PlayStation Network(PSN)をベースにしたソニーの新たなネットワークサービス。国内ではVODサービス「Video Unlimited」が利用でき、海外では音楽サービス「Music Unlimited」も展開している。ソニーはグループで多くのネットワークサービスを持っていることから、統合が必要と指摘されてきたが、今回、PSP以外の機器でSENに名称を変更することで、SENへの統合を加速させる。

SCEは「今回の名称変更は、ソニーの実現するデジタルエンタテインメントの世界を拡げるための取り組みの一環」と説明。「今後、ゲームに加え映画、音楽をはじめ包括的なネットワークエンタテインメントのサービスをお楽しみいただけるようにサービスプラットフォームを強化」するとも述べ、詳細は準備が整ったら改めて告知するとしている。

関連記事