レンズは撥水仕様

ソニー、ビデオカメラ“Handycam”に初の防水モデル「HDR-GW77V」 − 防塵・耐衝撃性能も

ファイル・ウェブ編集部
2012年04月25日
ソニーは、ビデオカメラ“Hadycam”初の防水モデル「HDR-GW77V」を5月25日より発売する。ホワイト/ブラック/ブルーの3色を揃え、価格はオープンだが7万円前後での実売が予想される。

HDR-GW77V

全3色をラインナップ

水深5mで60分の連続使用に対応するIPX8相当の防水性能を装備。IP5X相当の防塵設計と、液晶を内側に閉じた状態で1.5mの落下試験にクリアした耐衝撃性能も備えている。また、レンズは撥水仕様にし、水中から陸上へと移動してもすぐに撮影できるよう配慮している。

防水性能をHandycamとして初めて装備

撮像素子には有効502万画素(16:9)の1/3.91型 "Exmor R" CMOSセンサーを搭載。レンズはソニーGレンズで、35mm換算29.8mmからの光学10倍ズームに対応。最大17倍のエクステンデッドズームおよび、最大120倍のデジタルズームにも対応している。

縦持ちスタイルを採用

レンズはソニーGレンズ

本体には16GBの内蔵メモリーを搭載。記録媒体にはメモリースティックマイクロおよびマイクロSDカードを採用。SDカードはSDHCまでの対応となる。音声記録は2chで、ドルビーデジタルステレオクリエーターを搭載。ズームマイク連動に対応している。

操作ボタン類。ボタンの下を開けるとバッテリーやメモリーカードスロットになっている

端子部を開けたところ

モニターには3.0型(16:9)で92.1万ドットのエクストラファイン液晶を搭載し、本体外形寸法は32.2W×105.5H×70.2Dmm。バッテリー未装着時は缶コーヒー1本分となる約188g、バッテリーを装着しても約220gという小型軽量さも特徴のひとつ。モニターは静電容量式のタッチパネル液晶を搭載している。

モニターは3.0型でタッチ操作対応

名刺入れとのサイズ比較

AVCHDや60pでの撮影に対応。光学式アクティブ手ブレ補正機能も搭載するほか、静止画撮影用には全画素超解像機能やスイングパノラマなども備えている。また、動画撮影中の静止画記録にも対応している。

本体上部の様子

「おまかせオート」には新たに水中モードを追加。合計99シーンを判別し、ホワイトバランスや明るさ、画面のゆがみを自動で調整する。なお、前述のようにタッチパネルは静電容量式を採用。このため水中では操作できないことから、その対策として水中モードを新たに備えている。

マニュアルでのシーンセレクトも可能

そのほか、顔検出機能でカメラが最適な構図を決定し“自分撮り”ができる「セルフタイマーモード」も搭載。友人などと一緒に撮れる「自分撮り2人」設定も搭載している。

セルフタイマーの設定画面

GPS機能では79エリアの地図を本体に内蔵。好きな機能を3つまで登録しておける「ダイレクトタッチアイコン」や、「ゴルフショット」「なめらかスロー録画」などの機能も備えている。

撮影モードの選択画面

また、USB経由での充電にも対応。マイクロUSBケーブルとUSB充電アダプターが付属し、パソコンとの接続時だけでなく、テレビ等とのHDMI接続時にもUSBを同時にコンセント等につないでの充電が行える。

なお、同社では専用のセミハードキャリングケース「LCM-GWA」も4,410円(税込)で同時発売。止水ファスナーと撥水素材を採用した防滴仕様の製品で、Handycamを濡れたままでも収納できる。ホワイトとブラックの2色を用意し、肩掛け、ベルトループ、バックパックループという3ウェイスタイルで使用できる。

LCM-GWA

内部の様子
新着記事を見る
  • ジャンルSD+HDDムービー
  • ブランドSONY
  • 型番HDR-GW77V
  • 発売日2012年5月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格70,000円前後)
【SPEC】●撮像素子:有効502万画素(16:9) 1/3.91型 "Exmor R" CMOSセンサー ●レンズ:ソニーGレンズ ●ズーム:光学10倍 ●内蔵メモリー:16GB ●記録媒体:メモリースティックマイクロ、マイクロSDカード ●モニター:3.0型(16:9) 92.1万ドット エクストラファイン液晶 ●外形寸法:32.2W×105.5H×70.2Dmm ●質量:約188g(本体のみ)

関連記事