11月7日より順次

ソニエリ、Xperiaシリーズをバージョンアップ − arcとacroはPS StoreからのコンテンツDLに対応

ファイル・ウェブ編集部
2011年11月04日
ソニー・エリクソンは、NTTドコモから発売中のAndroidスマートフォン“Xperia”シリーズ4機種のバージョンアップを11月7日より実施する。対象機種は「Xperia SO-01B」、「Xperia arc SO-01C」、「Xperia acro SO-02C」、「Xperia ray SO-03C」。


“Xperia acro”「SO-02C」

“Xperia ray”「SO-03C」
今回のバージョンアップにより、全機種でエリアメールに対応するほか、SO-01B以外の3機種でテザリングが可能となる。SO-02Cでは、ワンセグ音声をBluetoothヘッドセットで楽しめるようになる。ほかにもカメラ機能が16倍デジタルズームに対応。スクリーンショット機能も追加される。さらにウィジェット機能も強化。アップデート方法などの詳細はこちらを参照されたい。

また、上述のXperia arc SO-01C、Xperia acro SO-02Cと、KDDIから発売中の「Xperia acro IS11S」が、「PlayStation Certifled」に対応することも併せて発表された。

PlayStation Certifledは、ソニー・コンピューター・エンタテインメントが展開するライセンスプログラム。今回の対応により、上記3機種においてPlayStation Storeからコンテンツをダウンロードして楽しむことが可能となる。PlayStation Storeからのコンテンツ配信開始は12月上旬を予定している。

関連記事