実機デモンストレーションも体験

<IFA>東芝、世界初4K2K/裸眼3D対応の55V型“REGZA”を発表 − 国内は11年度内発売を予定

ファイル・ウェブ編集部:山本 敦
2011年09月02日

ヨーロッパで今年の12月に発売される予定の「55ZL2」
東芝は現地時間9月1日、IFA2011会場でプレスカンファレンスを開き、コンシューマー向けテレビとして初めて、4K2Kと裸眼3D再生に対応した55V型“REGZA”を発表した。日本国内では2011年度内に発売を予定していることも明らかにされた。


東芝システム欧州社 Sacha Lange氏
カンファレンスの冒頭、東芝システム欧州社のCentral Europe Marketing Directorを勤めるSacha Lange氏が登壇した。Lange氏は3Dメガネを使用しない「GLASSES-FREE 3D」テレビの新たな製品として、世界初となる、裸眼3Dと4K2K高精細映像の表示に対応した55V型液晶テレビ「55ZL2」を壇上で発表した。本機はヨーロッパ地域で今年12月から順次発売が予定されている。

本機はフルHDの4倍の解像度となる「3,840×2,160(QFHD)画素」の液晶パネルを搭載し、レンチキュラーシート方式による“グラスレス3D”再生が1台で行えるテレビ。バックライトにはLEDを、映像エンジンには「CEVO ENGINE」をそれぞれ採用する。

4K2K超解像やグラスレス3Dなどの技術を搭載

CEVO ENGINEが搭載される

3D映像は9つの視差の映像から生成する。本体ベゼルの下側には小型のヘッドトラッキング用カメラを内蔵し、複数の視聴者の頭の位置を検出して、それぞれの視聴位置に最適な3D表示を可能にする「フェイストラッキング機能」が搭載されるという。視聴位置は5つのゾーンに分けて同時にトラッキングを行う。視聴者のポイント移動に対して、トラッキングをオートで行うか、マニュアルで行うかについては今のところ未定であり、今後仕様を確定していくという。

ベゼルの下側にフェイストラッキング用のカメラを内蔵する

4K2K対応パネルはネイティブの4K解像度の映像が表示できるほか、JPEG画像など4K相当の画素を持つ静止画を、そのまま高精細に大画面へ表示することも可能。

また、同社独自の超解像技術である「Resolution+」により、1,920×1,080画素のフルHD映像も超解像技術により、画素復元を行いながら4K2K表示することができる。

ヨーロッパではこの「ZL2」シリーズの他にも、CEVO ENGINEとアクティブシャッター方式の3Dグラスを採用したハイエンドモデル「ZL1」シリーズや、同じくアクティブシャッター3Dグラスを採用するスタンダードレンジの「YL/WL」シリーズ、パッシブ方式の3Dグラスを採用した「VL」シリーズを展開していくこともLange氏は発表した。

3Dテレビのラインナップ展開

本日、東芝システム欧州社によるプレスカンファレンス開催の後に、(株)東芝 デジタルプロダクツ&サービス社が日本メディアを対象とした記者会見を行った。


(株)東芝 檜山太郎氏
新製品の国内でのビジネス展開については、営業統括責任者の檜山太郎氏が説明した。檜山氏はヨーロッパで年内の発売が予告された4K2K、グラスレス3D対応の“REGZA”について、日本国内では「2011年度内」に、日本向けの商品コンセプトに適合させたかたちで市場投入することを明らかにした。

IFAにおけるZL2シリーズの展示内容については、同社デジタルプロダクツ&サービス第一事業部 国内企画・マーケティング部 参事の本村裕史氏に話を聞いた。

本村裕史氏とヨーロッパモデルの55ZL2

ブースではZL2シリーズによる4K2K映像再生のデモとして、業務用4Kカメラで撮影したネイティブ4K映像のほか、JVCの4Kビデオカメラ試作機で人物を撮影したリアルタイム4K映像再生デモ、高画質JPEG静止画再生、フルHDから4K2Kへの超解像技術によるアプコン表示映像デモなどが、特別コーナーを設けて紹介されている。

ネイティブ4K2K映像の再生デモ

8メガ静止画の再生


JVCビデオカメラで撮影したライブ4K映像の再生

こちらがJVCの4K2Kビデオカメラ試作機


フルHDから4K2Kへの超解像処理のデモ


超解像「OFF時」

超解像「ON」時の4K2K映像。処理の効果がおわかりいただけるだろうか
また特設シアタールームでは、Blu-ray 3Dのコンテンツなどを使って、ZL2シリーズのグラスレス3D映像を紹介している。今回記者は、用意されていたデモコンテンツ(実写/CG)を視聴する機会を得たが、非常に自然な立体感の3D映像を裸眼で楽しむことができた。

特設会場の裸眼3Dシアター。テレビはもちろん55ZL2

本村氏によれば、今回カンファレンスの壇上で発表されたヨーロッパ向けのZL2シリーズと、今後日本国内向けに発表される予定の4K2K&グラスレス対応“REGZA”は、デザインが異なるという。日本国内向けモデルのラインナップ展開などについてもまだ未定とのこと。国内モデルの詳細についても早期の発表を期待したいところだ。

東芝はこの日開いたIFAのプレスカンファレンスにて、ZL2シリーズ以外にも“世界最薄・最軽量”のノートPC、および10.1インチのAndroidタブレットなど「3つの世界初」の製品を紹介した。これらについては後ほど別項で内容をお知らせする。

関連記事